例会ブログ

2016テーブルトピックスクラブコンテスト

8/27(土)吉祥寺トーストマスターズクラブのテーブルトピックスクラブコンテストが開催されました。
テーブルトピックスとは、トーストマスターズのスピーチ形式のひとつで、その場で与えられたお題、質問に対して、準備をせずにスピーチをするもので、即興スピーチとも呼ばれます。

 

事前に準備、練習をして臨む準備スピーチと違い、瞬間的な発想力、構成力、知識、スピーチ力が問われます。

 

トーストマスターズでは、このテーブルトピックスをテーマにしたコンテストを4年に1回開催しており、各クラブレベルでのコンテストから始まり、エリア、ディビジョン、全国と順に各コンテストで優勝したコンテスタントが勝ち進んでいきます。

 

吉祥寺トーストマスターズクラブは、バイリンガルクラブのため、日本語と英語の両方のコンテストを開催しました。

 

まずは、日本語からです。
各コンテスタントに与えられたトピックは以下でした。

 

「2020年東京オリンピック。あなたは日本代表選手として出場し、見事金メダルを獲得しました。表彰台に上ったあなたは、インタビューで今の心境を聞かれています。あなたの出場した種目は何ですか、そして、インタビューになんと答えますか?」

 

100m走や卓球という実際にオリンピックにある種目を選んだ人もいれば、綱引きというユニークな種目をあえて選んで聴衆の笑いを誘ったスピーカーもいました。

 

テーブルトピックスは即興でスピーチを組み立てなければいけないため、スピーカーの個性がスピーチに表れやすく、見ている方としても面白いですね。

 

さて、日本語のスピーチが無事に終わり、休憩をはさんで英語コンテストが始まりました。
英語コンテストのお題は、”Are you looking forward to 2020 Tokyo Olympics, or not? Tell us why.”と、まさかのオリンピックネタ2連発でした。

 

しかし、日本語のテーマとは趣旨の違った質問。
必然的に、スピーチもまた全く違うものになりました。

 

質問は「2020年のオリンピックを楽しみにしているか?」というシンプルなものですが、必ずしも自分の気持ちをそのまま話す必要はありません。
楽しみにしているけど、スピーチはその反対。逆もまたありますし、どっちもありという中庸的なスピーチもありました。
これまた、スピーカーの個性がいかんなく発揮されたスピーチばかりでした。

 

さて、全てのスピーチが終わり、表彰の時間がやってきました。
日、英の順番に3位まで発表されます。

 

結果は以下の通りでした。

 

★日本語コンテスト
1位 近江さん
2位 水野さん
3位 松本さん

 

日本語コンテスト入賞者

 

★英語コンテスト
1位 高山さん
2位 近江さん
3位 水野さん

 

英語コンテスト入賞者

 

上位2名のコンテスタントは、9/10に開催されるエリア22コンテストに出場できる権利をえます。
吉祥寺のメンバーの活躍が今から楽しみですね。

 

カテゴリー: コンテスト パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る