例会ブログ

2016エリア22テーブルトピックスコンテスト

エリア22のテーブルトピックス・コンテストが9月10日、武蔵野商工会議所で開かれました。

 

コンテスト開始前にエリア22の中川ディレクターによるジャッジ・トレーニングが行われました。

最初のスピーカーを基準に審査をしないことや最後のスピーカーを好意的に評価しがちなので全員を審査基準に基づいて公平に審査することが大切、と中川ディレクターは強調しました。

 

ジャッジトレーニング

 

素晴らしい経歴を持っていたり、社会的地位が高いからといってスピーチの評価を上げるハロー効果や、その反対の逆ハロー効果( 他の分野でダメだからスピーチも下手だろうという偏見)にとらわれず審査をすることが重要であると中川ディレクターは強調しました。

 

また下手な人に同情して良い点数を付けることもありがちなので気をつけたい、と説きました。審査表の氏名欄にはコンテスタントのスピーチ順に一番右から名前を書き、各人のスピーチの審査事項ついて点数で評価しますが、聴きながらメモを取ることを勧める、と中川ディレクターは述べました。

 

4人が「新たに国民の祝日をつくるとしたらどんな祝日にしたいか」という事前に与えられたお題でスピーチをし、参加者がジャッジとして点数をつけそれを互いに見せ合い、討議しました。実践的なワークショップとなり、大きな学びの機会になりました。

 

コンテストでは日英ともに吉祥寺TMC のメンバーがチャンピオンに輝き、存在感を示しました。
前半の日本語の部のコンテストには3つのクラブから6人が出場。吉祥寺TMCからは水野さんと谷さんがチャレンジしました。

 

お題は「自分の分身をつくることができたらどのように使いますか?」水野さんは、オフィスで他人に仕事を任せて消える影分身の話から始め、本当の分身には自分の仕事を代行させると話し、冒頭から笑いを誘います。

 

即興なのに、出だし、展開、結論というスピーチの基本が守られています。瞬時に「影分身」というキーワードを思い浮かべ、そこからエピソードにつなぎ、きっちりとストーリーをまとめ上げる妙技はさすがです。

 

4番手に登場した谷さんは「私の祖先は忍者。実際に分身の術を使っていました」と聴衆を煙に巻き、「このところ仕事のため終電で帰宅する毎日が続いているので自分の分身には仕事を任せたい」と軽妙に話しました。

 

審査の結果は、見事、水野さんが優勝。見事、ディビジョン大会へのキップを手にしました。

 

In the English session, 6 contestants tried. The theme was “Please tell us your successful love story or the breakup of your love affair and tell us how did it affect your life?”

 

TM Takayama talked about her own story when she was a college student. She fell in love with the man who was one year sinior in the college. Although she maintained good relationship with him until he guraduated, she chose to separate from him when he got a job in the bank and left for London.

 

The speech was clonological but not monotonous or mediocre. It included interesting episodes and ended with an impressive finale. The talking was smooth and without interruption and distraction.

 

TM Takayama got the first prize.

 

TM Mizuno got the third prize.

 

TM Takayama will go to the division contest.

 

集合写真

 

The members of the Kichijoji TMC contributed a great deal to the operation of the contest. The breakdown is as follows.

 

Supervisor: B division Director Nakayasu

Area 22 Director Nakagawa

President Takayama

Contest Chair TM Maruyama(English session )

Chief Judge (Japanese session) TM Iwasa

Timer TM Noriko Hashimoto and TM Sato

Tally Counter TM Ohta

Sergeant at Arms TM Adachi and TM Kato

Interviewer(Japanese session ) TM Sawatari

Photographer TM Doi

Video Cameramen TM Maeda

 

カテゴリー: コンテスト パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る