例会記録

特別例会 Special Seminar

Workshop of March 23
Two prominent Toastmasters, TM Ruskyle Howser and TM Paul Malone held workshop on our 219th regular meeting in March 23. They accepted the invitation of our club to give lectures on the same theme: “How to be Confident in Public Speaking”. The workshop was divided in two. TM Malone spoke first 30 minutes followed by 20 minutes Q & A session. And the same time was allotted for TM Houser. TM Toru Maruyama acted as the MC and the facilitator.

At first, TM Paul Malone introduced his original formula “4 Gateways to Confidence” in which he dwelled upon the importance of stage time, and said “whether you’re ready for speech or not, just do it and get feedbacks from others”. Do not refuse the VPE’s assignment and try best to live up to the expectation, he said from his own experience. About second gateway, he said “it is important to do the same thing over and over again to overcome difficulties. Confidence is mussels, the more you work, the more you get”. Touching on the third gate, he said “you have to learn from your failure which would elevate you to the next stage. Remember that successful people like Steve Jobs failed up”. On the 4th gateway, he emphasizes the significance of self-doubt and nervousness by quoting one of the prominent speakers, Jay Shetty’s remark that “Selfdoubt shows that I still care what I love to do”. And he appeals “Don’t worry about self-doubt and nervousness because they are necessary things to be confident”.He concluded the workshop with an impressive phrase “Confidence and Self-doubt work together. So, just do it”

In the beginning, TM Ruskyle Houser surprises the audience when he disclosed that he was such a shy boy who spoke 5 words in five days. That proves undeniable fact that a speechless boy could grow to a magnificent speaker.
In contrast to TM Malone’s formula, TM Houser’s secrets to acquire the confidence are not from inner self but from outer appearance. According to him, two things are absolutely necessary. In the first place. he says “You can be confident by looking confident and acting confident, or sound confident”
In order to do this, posture is important. He advises us “lift your chest, drop your shoulders which makes you look confident.” “Creating powerful voice also makes you sound confident and relaxing your face makes you act confident too”.

Another thing he points out is dynamics. Makes your body look big and tall to look majestic, and change your voice dynamic using a vocal variety by which you can grab and hold the attention of the audience, he says.
Referring to the eye contact especially during the speech in front of a large audience, he says “talk to one person and concentrate, then move on to the next person”
TM Houser ended the workshop by saying that it is understandable people talk a lot about the inner psychological control when they refer to the confidence, but it is equally important to pay attention to the way how you look from outside. “Mine is focus out, rather than focus in” he concluded.

カテゴリー: 例会報告 |

第216回通常例会報告(2019/3/9)(英語)

まずは写真でお楽しみ下さい。ブログは後ほどアップいたします。

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best one minute Speaker: TM Matsumoto, TM Nakagawa
Best table topics Speaker: TM Nakagawa
Best evaluator: TM Matsumoto
Best Speaker: TM Takayama

カテゴリー: 例会報告 |

第215回通常例会報告(2019/2/23)(日本語)

今日のTMODはいつも新しい企画を考えてくれるTM神澤。
例会のテーマも、【YELL/声援】とコンテスタントのスピーチ練習例会にふさわしくみんなで声援を送れるような素敵な例会がスタートしました。
TM神澤は、黒板にエールを送る絵をさらさらと描いてくださり、ひな壇には赤いモールを飾りつけて場の雰囲気つくりもバッチリ!!!

まずは役割説明から始まりました。
Word of the Day, TM加藤により、Prominent(卓越した、ずばぬけた) と発表。
軽快に流れるように、ゲストへもわかりやすいように役割説明が終わりました、
さすが、吉祥寺TMC!!!

続いて、One minute TMOD神澤が出されたお題に、挙手形式ではなく、参加者が話しやすいように、TMODの選択スタイルで多くの参加者が発言できるようにしたところは、素晴らしかったです!ドキドキ感も味わえました。
7名の方が、家族への感謝の気持ちなど伝え、ハートウォーミングなスピーチが多かったです。

ウォーミングアップが終わってメンバーの気持ちが温まってきたところで次はわれらが吉祥寺TMCお笑い部門のリーダーTM猿渡が登場。
テーマYELLにちなんで5つのお題を、公平に選抜すべく、くじ引きで指名するこれまた新しいスタイルでテーブルトピックスが笑いで包まれました。

ちなみにテーマは、以下5点、

  1. あなたは部長です、部下になる新入社員へのエールを送る場合あなたなら何をいいますか? 
  2. プロポーズしたいと考えている男性社員からの相談を受けたあなた、なんてYELLを送りますか>
  3. 街頭インタビューです。少しスランプに陥りそうなテニスプレイヤーの大阪なおみへYELLを送ってください
  4. 国民的アイドル嵐が解散することを受けて、コメントをお願いします
  5. 最後の質問!コンテスタントへの本当のエールを吉祥寺TMC代表に対していってください。
    さすがTTマスター! 例会テーマ、YELLちなんだお題を次々に出されて場を盛り上げてくださいました。

笑いありの楽しいTTがおわると、いよいよコンテスタントの大会前のウォーミングアップというかリハーサルというか本番さながらのスピーチです。4名の方が準備スピーチを行いました。
前回よりもパワーアップした各人のスピーチ、素晴らしかったです。

 

聴衆の採点スタイルも今回はコンテスト審査用紙を用いて各人がチェック。次の対話論評セッションへとつながるスタイルでスピーチを聴きいりました。

休憩をはさんで今回TM松本が対話論評セッションを実施。

審査用紙を用いて、さらにTM松本が作成して下さった別紙を用いて、以下の点を重視して論評スタイル。
Opening Developing Closingとパートを分けて各人へ質問をなげかけたり、ほめたり指摘したりと白熱した論評が繰り広げられました。学校の先生のように見えたTM松本。
時に厳しくそして優しくアドバイスされたコンテスタント。実りある時間を過ごせたと思います。

今回の例会は通常例会と少し異なる流れで開催されましたが、各人が意見を出し合え、コンテスタントにYELLを参加者全員が送れる素敵な例会でした。

おしまい。

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best one minute Speaker: TM Mandai
Best table topics Speaker: TM 松本

Best Speaker: TM 橋本
2nd Speaker: TM A
3rd Speaker: TM 今沢

※今回は全てコンテストスピーチで、
対話論評セッションでしたのでBest evaluatorの選出は無しです。

カテゴリー: 例会報告 |

第214回通常例会報告(2019/2/9)(英語)


前日に「大雪に警戒」の気象情報が出たために開催判断を要する状況でしたが、当日は何の心配もなく、谷会長の開会宣言でにこやかにスタート!

TODの近江さん、最近ご家族で訪れた草津熱帯園で出会ったかわいいカピバラの兄弟のお誕生日がご自身と同じだったということで、全員で「Happy Birthday to You」を歌ってプログラムが始まりました。
そして、これにちなんでスピーチの冒頭の合言葉が「Happy Birthday Capybara Brothers & Keith」と決まりました。このフレーズを出せば笑いがとれるという効果をみんなで楽しむことができました。


今日の言葉は「ROOM」です。「部屋」だけでなく、何かをやる「機会」という意味でも使えることが紹介されました。


役割担当の説明の後、いよいよスピーチの開始です。計時係の神澤さん、「素敵なヘアスタイル!」と思ったら終了後結婚式だそうで納得。

1分間スピーチのお題は「生涯続けたい趣味について」です。
さすがにみなさん、自分が入れ込んでいることに熱が入ります。趣味のテーマは、「トーストマスターズクラブの活動」「音楽(ドラム)」「音楽(ギター)」「ウサギ」「お酒」「謡い」「インドアクライミング」「コーヒー」と多彩でした。閉会後のお茶会では、コーヒーがご趣味の中保さんご持参の最高級品種「ゲイシャ」を美味しくいただきました。

準備スピーチ、今回は以前のスピーチテーマに再チャレンジする方が多く見受けられました。


トップバッターはAさんです。ベートーベンの「運命」のメロディーから始まり、ご自身の転職活動経験を通じて、自分の運命に気付き、それに素直に従うことの大切さをお話いただきました。

続く小西さんは、最近学んだファシリテーションのコンセプトについてのお話です。料理と同じで、良い素材をいい結果に導くスキルであること、パイロット、医者、カウンセラーに通じるもの、という説明がとても分かりやすかったです。

次の木村さんは、「貴方が…だったら、何をしますか?」という大胆な問いかけから、自分にできること、すべきことに気付く大切さを熱っぽく語っていただきました。

トリは丸山さんから「Question and answer」というPathwaysのプログラムをご紹介いただき、全員、初体験でチャレンジしました。スピーチをする際の「記憶」の大切さについて丸山さんからレクチャーがあったあと、それに対して質問する練習です。キング牧師の有名な「私には夢がある・・・」の20分の演説の背後には200回、70時間以上におよぶ練習があったと聴き、感銘を受けました。質疑応答は、コミュニケーションスキルをアップするためにとても効果的なプログラムだな、と実感しました。


総合論評は猿渡さんです。「カピバラ大好き!」のジョークから始まり、それぞれの論評者の素晴らしい点について、みごとに整理されたスピーチで、勉強になりました。

松本さん、今沢さん、水野さん、高山さんから、それぞれポイントを突いて、しかも温かみのある論評がありました。

ゲストの皆さんからは、「吉祥寺はスゴイと聞いてきたが、来てみたら本当に素晴らしい」とうれしいコメントもいただけました。
このブログを書いている私は入会してちょうど1年目になります。最初は緊張の連続でしたが、最近は例会がとても楽しいひとときになりました。楽しいだけでなく、今回もみなさんからたくさんのエネルギーでモチベーションアップし、寒さもふっとぶような心地よい温もりを感じながら帰路につきました。

本日の各賞受賞者は次の通りです。

Best one minute Speaker: TM Nakayasu

Best evaluator: TM Mizuno

Best Speaker: TM Maruyama

カテゴリー: 例会報告 |

国際スピーチ・クラブコンテスト(2019/01/26)

2019年1月26日(土)、国際スピーチ クラブ内コンテストが行われました。

コンテストの様子を写真にてお伝えいたします!
寒い中の開催でしたが、会場内は熱気につつまれておりました。
写真にて様子をお伝えいたします。

English contest スタート!

続きまして 日本語コンテストです!

入賞の皆さんです。

☆English contest

優勝 TM奥岡、 2位 TM木村、 3位 TM猿渡

☆日本語コンテスト

優勝 TM橋本、 2位 TM石見

カテゴリー: 例会報告 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る