例会記録

第185回通常例会報告(2017/10/28)

吉祥寺トーストマスターズ

第185回通常例会報告(2017/10/28

 

10月28日、当クラブのホーム会場、武蔵野公会堂にて第185回の例会が行われました。

例会の冒頭では、11月から入会表明をした新メンバーであるTMハッピー丸山を参加者全員で祝福。

 

今回の総合司会(TMOD)をつとめたのは、先月開催された「ほら吹きコンテスト」で大躍進を遂げたTM小林。ハロウインネタで笑いを取りながら、スムーズに進行が進みます。

 

 

まずは、注目のトピックをキャッチコピーつきでご紹介します。

 

今日の言葉は「めまぐるしい/Rapid-chang」。

TM安部は初Word of the Dayを担当。

選挙や台風で世の中はめまぐるしく、また今年も残すところあと2ヵ月。年の瀬にむかうこの時期にはピッタリの言葉ですね。

各役割説明の後、ウォーミングアップであるOne Minutes speechからスタートです。

 

【One Minute Speeches】

テーマは「花」。笑いあり、ロマンスあり!思い出やエピソードなど満載。

 

“Tell us about flowers.”

「花」まつわる思い出やエピソードを話してください、、、というロマンチックなテーマ。

 

【Table Topic】

テーブルトピックスマスターTM土井の野望。当クラブにAI投入で世界を目指す!?

 

続いて、TM土井によるTable Topics in Englishのメインテーマは、いま注目の「AI」。

当クラブのAI導入について、現役役員が数珠つなぎにスピーチ。

会長TM水野→教育担当TM谷→広報担当TM猿渡→会員担当TM神澤→トーストマスターズ全体TM中保。

指名されたメンバーはそれぞれ与えられたテーマにそって見事な即効スピーチを行いました。

 

【Prepared Speech】

フレッシュなスピーカーからベテランまで。「共感」と「学び」に溢れたライナップ。

 

英語の準備スピーチのトップバッターは、9月に入会したばかりのアイスブレーカーのTM秋成。スピーチタイトルは「Because I’m here」です。アイスブレーカーとは思えない素晴らしいスピーチを披露。

 

 

 

 

2番目の英語のスピーカーは、ベテランTM中保。スピーチタイトルは「WIIFM」です。WIIFMとは、What’s in it for you(自分にとってどのような利益をもたらすのか?)という意味。ベテランならではの、聴衆を引き込む学びたっぷりのスピーチを行いました。

 

 

3番目の日本語のスピーカーは、6月入会のTM玉ノ井。スピーチタイトルは「あなたのことはそれほどに」です。世代を超えた共感を呼ぶ、心の葛藤が見事に伝わってくるスピーチを展開。会場は笑いあり、共感できるポイントを押さえた、聴衆の心を揺さぶるメッセージに溢れていました。

 

 

4番目のスピーカーはTM青山。スピーチタイトルは「政策を提案する」です。

上級マニュアル「特別なスピーチ」Project No,1「即興で話す」を披露。即興とは思えない的確なスピーチを展開しました。

 

 

論評セッションです。

 

 

今回の例会は、TM松本がハロイン仕様のカボチャの帽子で例会を盛り上げ、フレッシュなスピーカーからベテランのスピーカーまで、バラエティーに富んだスピーチ満載の例会でした。

 

 

本日の表彰は以下の方々です。

 

最終結果

最優秀スピーカー:TM玉ノ井

最優秀論評者:TM今沢

最優秀1分間スピーカー:TM青山

最優秀テーブルトピックスピーカー:TM松本

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第184回英語例会報告(2017/10/14)

We had the 184th regular meeting on Saturday, October 14th 2017 at Musasino City Culture Hall.  The second Saturday is English speech day.  We enjoyed One minute speech session, Table Topics session, Prepared Speech session and Evaluation session as follows.

 

さあ、今日も始まりました通常例会。まずはTM小林の大健闘のうちに、締めくくられた今年の秋のディビジョンコンテストの結果報告から。

 

そして、本日のTMOD、TM猿渡登場です!事前に周到に準備されていたプログラム、当日のメンバーの都合に合わせ、臨機応変に対応しながら進行していきます。

 

語彙を豊かにするための今日の言葉は、「Sacred/神聖な」。積極的に使用していくメンバーが多く見られました。

 

 

そして、役割説明、English One minute Speechから。

 

今回のタイトルは、「If you will give a title to autumn in this year, what title will you give?And, please tell us the reason why you gave it too.」です。

 

読書や運動の秋にとどまらず、たくさんの秋の楽しみ方があるようですね。たくさんのメンバーが手を上げて今年の秋のタイトルを英語で発表しました。

 

 

続いて、英語テーブルトピックスのセッションです。テーブルトピックスは、その場で振られたお題に即興スピーチにて回答します。

 

今回はTM高山がお題を発表します。お題はずばり、「PR大使」!あなたが〇〇大使になったつもりで宣伝してくださいというもの。指名されたメンバーがご当地だったり、食べ物だったり、魅力を次々と発表していきます。

 

 

次のセッションは、準備スピーチです。ここでは、約1ヶ月前にアサインされたメンバーが5分程度のスピーチを行います。

 

最初は、TM木村の英語スピーチ。

難解なアートの楽しみ方を伝授。日常でも取り入れやすそうなコツを紹介した、アーティスティックなTM木村らしいスピーチでした。

 

 

2番目の英語スピーカーは、TM Bさん。今回が初めての準備スピーチです。

自身の幼少期から、現在に至るまでの変遷を紹介し、Bさんの前向きな人柄がわかるアイスブレーキングスピーチを行いました。終始笑顔で語る姿が印象的でした。

3番目からは日本語スピーチを行います。スピーカーは、トーストマスターKさん。

「残された時間」という強烈なタイトルの下、データにも続く冷静な分析によるスピーチが行われました。自分の残りの自由な時間の使い方を考えさせられる、鮮烈なスピーチでした。

 

 

4番目は、TM神澤によるスピーチ。

「だろう運転」から「かもしれない運転」へ意識の変革を促すスピーチ。 スライドを利用しながら、視覚的に訴えます。体験ストーリーも盛り込みながら、論理的に構成されたスピーチに感じました。

 

 

休憩を挟んで、次は論評のセッション。

スピーカーに対して、論評者が、それぞれフィードバックを行うセッションです。自分はどう思ったか、どうしたらもっと良くなると思うか紹介していきます。それから文法係やあーうーを数える係が丁寧に報告しました。

 

 

例会の最後には、ビデオカメラ購入の動議が可決し、新しいビデオカメラで躍動感あふれるメンバーを録画できそうです!サンキューTM猿渡(PR担当)!

 

Best One Minute Speaker : TM Takayama

Best Table Topic Speaker : TM Bさん

Best Evaluator : TM Shiraisi

Best Speaker : TM Kさん

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第183回爆笑逆順合同例会報告(2017/9/30)

今回は合同例会、それも逆順例会という普段とは違う内容ということで、会場はいつもにも増して賑わっています。

 

逆順例会では、お知らせのセクションを除いて、進行の全てを逆さ向きに行います。ですから、通常であれば後から聞くことになる「論評・フィードバック」を先に知ることになり、そのフィードバックに沿ったスピーチや説明をしなければならないという負荷が加わります。参加者はフィードバックを聞き逃すまいと真剣顔です。

 

 

というわけで、いきなりフィナーレ!の表彰式。

 

 

このあたりまでは(?)総合論評担当者にも余裕の笑顔が見られました。

 

 

続いて、「まだ行われていない」スピーチの論評。

準備スピーカーは、真剣にメモをとって「注文たっぷり」な論評を聞いています。論評の内容をいかにスピーチに反映させるか、頭は120%フル回転です。

 

 

テーブルトピックスのセッションでは、動揺や混乱ぶりを表情に滲ませながら話すスピーカーも多くあり、会場は笑いの連続でした。

 

 

役割を終えた担当者は、達成感に包まれ満面の笑顔です!

 

 

逆順にも動じない、堂々の即興スピーチを披露するベテランスピーカー。

 

 

ボディーランゲージの練習ともいえるでしょうか、「麺類をすする」という課題に、羞恥心を乗り越え果敢にチャレンジ!

 

 

今回の例会で、おそらく一番たくさんの課題を手に壇上に上がった準備スピーカー。会場中を駆け巡る奮闘ぶりに笑いが炸裂です。

 

 

役割説明は、しばし笑いを忘れてしっかりと説明。

 

 

英語セッションでも、逆順の面白さをさらに引き出そうと、ノートを手に論評が行われました。

 

 

英語、即興、そして逆順という三重苦を背負いつつも、華麗なるスピーチが続きます。

 

 

逆順に頭が混乱して、時には苦笑いもこぼれます。

 

 

スピーチしている内容の支離滅裂さや強引さに、スピーカー自身がつい笑ってしまうシーンも。

 

 

ノーベル賞授賞式を想定した真面目なスピーチも、逆順だとこうなるんですね!

 

 

爆笑と苦笑の連続だった例会は、聞く力はもちろんのこと、瞬発力や想像力などスピーチに必要とされる技能が学べる収穫の多い例会になりました。次回も楽しみです。

 

カテゴリー: 例会報告 |

第182回通常例会報告(2017/9/23)

 すっかり秋めいてきましたね。曇り空の武蔵野を急ぎ歩いて会場に着くと、ちょうど役割説明の真っ最中(遅刻してすみません…)。9月23日、吉祥寺トーストマスターズクラブの第182回例会が、武蔵野文化会館にて行われました。

 

今日のtoastmasters of the dayはTM谷です。会長のTM水野がお休みのため、開会の宣言も執り行いました。新入会員を迎えての入会式もあり、フレッシュな仲間がまた増えました! 嬉しいですね。TM谷のベテランらしい、リラックスした進行で例会のはじまり、はじまり。


 

Then we moved on to 1minute speech session.

Today’s topic is “Is there anything you have left undone this summer?

There were variety of answers from members. Fireworks,musicals, swimming, wearing Yukata, organizing attic, etc. Do you have anything backlogged to do this rainy summer?

 

Next is time for prepared speech.

TM Adachi, coming on the stage elegantly, started giving her speech. The title is ” Chambara”

Unexpected side of TM Adachi truly attracted the audience at the beginning of the speech. I guess some people were aching to do Chanbara to listen to it. Definitely I am one of them!


 

続いては日本語の準備スピーチです。

TM今沢による「私のTOEICテキスト活用法」

分りやすいストーリー構成で、実演も含んだ活用法の紹介でした。実践的な方法が満載で、直ぐにでも英語の勉強に取り入れられますね! シャドウイング、私も頑張ります。

 

TM加藤のスピーチタイトルは「あなたの味はどんな味?」

家庭でも職場でも、自分を出すのって難しいですよね。ただ環境がどんなに変化しても、自分であることに忠実でいたいものだと思わせてくれたスピーチでした。そしてもう1つ、自分で出来ない仕事はどんどん人に振ろう!

 

 

休憩後はテーブルトピックの時間です。トピックマスターはTM橋本律。

今日はちょっとハードルが高いかなぁと思いきや、当てられたメンバーは易々と話出して(いるように見えて)びっくり。これも日頃の積み重ねですね。

 

 

論評のパートも吉祥寺クラブらしく、それぞれに個性が出ていました。

総合論評TM神澤も、きめ細やかなフィードバックでした。例会の振り返りのみではなく、会場を間違えないようにと気づかう注意喚起のメールにも言及するなど、さすがです。

 

 

TM Adachiのスピーチに対しての論評は、TM Takayamaです。スピーチ目標に沿ったボディランゲージを評価しつつ、Chambara体験前後の心境変化を加えると一層良いなど、ベテランらしいフィードバックでした。

 

 

TM今沢にはTM橋本悠の論評です。柔らかな口調でロジカルな展開。情報を削ってフォーカスポイントを明確にする、スピーカー自身の話題をもっと掘り下げるなど、有用なアドバイスが満載でした。

 

 

そしてTM加藤にはTM大槻の論評が待っています。そうか~、聴衆が気づかなければ手にメモを書いても良いのね。いつもながらに味わい深い論評でした。TM加藤へのお餞別も温かい人柄が表れていましたね。

 

 

そして、土井さん、秋成さんによる役割報告です。

 

 

本日の入賞者

Bedt 1minute speeker: TM Watanabe

Best Table topic speeker: TM Bさん

Best speeker: TM Adachi

Best evaluator: TM Takayama

 

 

吉祥寺恒例のお茶会の時間はには、TM丸山による世界大会の報告がありました。トーストマスターズは世界的な組織なんだなぁと再確認。来年のシカゴ大会は行ってみたいものです。丸山さん、楽しい報告をありがとうございました。

 

カテゴリー: 例会報告 |

第181回通常例会報告(2017/9/9)

今日の例会も初めての見学者1名を迎え、会長水野さんが定時に開会を宣言して始まりました。

 

今日は英語の重点を置いた例会なので、基本的な進行は英語です。TM Mさんが初めての司会、Toastmaster of the Dayを務めます。事前の入念な準備のおかげでしっかり落ち着いた進行ぶりが見事でした。

 

Word of the DayはTM Y. Hashimotoさん。Neat (素敵な)という言葉を紹介してくれました。

 

 

最初のセッションはOne minute Speechです。今日のお題は読書の秋にちなんでオススメの本。”Please tell us your recommended books” さすがアカデミックな吉祥寺メンバー!赤毛のアンからNHKの英会話テキスト(実践ビジネス英語)、Daughter of Lupin、杉村太蔵自伝など様々な本が楽しく紹介されました。自分のお気に入りの紹介だけに、スピーカーの皆さん結構熱くなってましたね。

 

 

さて、続いては即興力を鍛える©Table Topicsです。このセッションの司会はTM Yamaderaです。Self appeal at various situationというテーマで様々な場面設定での自己PRを出題。 

 

Talent audition, Job interview, Introduce your parents to your boy friend など、実際にありそうな(?)場面での即興スピーチの数々を楽しみました。

 

 

さて今日のメインディッシュであるPrepared speech(準備スピーチ)のセッションはこの秋のTall Tales(ほら話)Contestの練習です。前回クラブ内コンテストの上位入賞者4名がさらにバージョンアップした話を披露してくれました。

まずは英語部門から2本。最初のスピーカーはTM Sawartari “WANTED PEACH BOY”と題しての桃太郎ネタ。今日はコスプレまでして強烈にアピールです。

 

 

次のスピーチはTM Mizuno.“Character’s World”というタイトルで現代日本における過重労働問題に二大キャラクターの現実を絡めてインタビューという壮大なほら話を展開しました。

 

日本語の方は まず谷さんのスピーチは「ひと夏の思い出」ん?と思わせておいて地元兵庫に伝わる生田姫の伝説をもとにご自分のラブストーリーをあけすけに開示しました。

 

 

続く小林さんは「近所の回転ずし」。新幹線でデリバリーする回転寿司店の話をこれでもかと膨らませての大暴走スピーチでした。

 

 

そして今日最後の準備スピーチは橋本律さん。コンテストにはご欠席だったのですが、そのネタをもとに上級スピーチに仕立て直し、「7Gサミット」というタイトルで霊峰富士での Seven G***サミットを独占生中継してくれました。

 

 

休憩後の論評セッションはTM Nakagawaが進行。まずは準備スピーカーへのフィードバックです。

 

 

TM Nakayasu →TM Sawatariの論評

人形使いによる効果などよかった点の分析だけでなく、ストーリーを大げさにするために国際手配犯に模するなどバックグラウンドの整備、さらにコンテストで勝つためのアドバイスはちょっと辛口。

 

 

TM Imazawa→TM Mizunoの論評

Imazawaさんらしく、しっかり取ったメモをもとに、インタビュー方法に対するアドバイスや、前回のコンテストとの対比からの助言がありました。

 

 

神澤さん→谷さんへの論評

コンテスト審査基準から、谷さんの体の動きや声のトーンについてしっかり指摘。さらに女性らしく見せるためのボディランゲージがすごく参考になりました。さすがの女性目線です。

 

 

土井さん→小林さんへの論評

最新の回転ずし店の背景説明で不足していた点に絞っての改善策に加えて、ひかり・のぞみ・こだまの違いを際立たせてはどうかなどの助言がありました。

 

 

TM Fさん→橋本律さんへの論評

会場を爆笑させた橋本さんのスピーチについて、構成、展開、デリバリーについてしっかり聞いていたことを示しつつ、キーワードの後の間をしっかりと取ること、オープニングとオチの関連付けなどのアドバイスがさすがです。

 

例会延滞を振り返る総合論評のセッションではTM Nakagawaが初司会のTM Mさんをねぎらいつつ、例会をさらに教育的効果を上げるための準備方法、一人で抱え込まず例会運営チームとしてコミュニケーションをとることをアドバイスしていました。これはこれから司会を担当することになる方々にもぜひ伝えていってほしいですね。吉祥寺クラブの継続発展にとても有益なアドバイスでした。

 

 

今日の入賞者の皆さん

 Best Speaker: 橋本律子さん

 Best Evaluator: 神澤円さん

 Best one minute speaker: Mr. Tさん(1st time guest)

  Best table Topic speaker: TM N. Nakagawa

 

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る