例会記録

例じゃない会報告(2018/05/12)

本日はトーストマスターズ の全国大会と重なったため、有志による勉強会「例じゃない会」を行いました。会場は、爽やかな日が降り注ぐ武蔵野プレイスでとーっても綺麗!

 

 

入念な事前準備を行い、14時にTM中川の進行にてスタートしました。

まずは、One minute speechです。お題は”Which speech inspired or moved you most?”

です。全員が思い思いのスピーチをシェアしました。

そして、本日のメイン企画「ワールドチャンピオンのスピーチ分析」です。

TM中川の持ち寄り企画により、実現しました。

 

 

 

 

先ずは、2013年度世界大会のPresiyan Vasilev による「Changed By A Tire」スピーチを鑑賞。

その後、スピーチスクリプトを見ながら分析を行います。

ユーモアだったり、声の使い方、言葉の使い方、ボディランゲージなど、自分にもできちゃうかも!?と思うような要素をいっぱい発見していきました。

 

 

そして休憩を挟み、即興スピーチのテーブルトピックスの時間。

英語、日本語それぞれ工夫に富んだ内容を行いました。

 

English Table Topics session was presented by TM Hashimoto. The main theme was “Imagination”, so she asked 3 imaginative questions and each speaker answered each topic. Then, an evaluator, who was assigned each speaker, evaluated the table topic speech.

 

 

 

続いて、TM木村による日本語テーブルトピックスです。ローリーストーリーズキューブという、イラストが描かれているサイコロを使って、3人で一つのスピーチを紡いでいきました。キューブの何の目が出るかのドキドキと前のスピーカーがどんな話に持っていくのかのダブルのドキドキを感じた時間でした。

 

全体を通して、お菓子を食べながらまったり笑いの溢れる時間でした。

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第197回通常例会報告(2018/04/28)

晴れ渡る430日、第197回通常例会が武蔵野公会堂で開催されました。少し暑いGWウィーク初日、会員21名にゲスト2名の方も迎え、活気のある例会でした。

吉祥寺トーストマスターズクラブ会長TM水野による開会宣言。

 

 

 

いつも微笑む神澤さんによるTMOD(総合司会)で例会が進行されました。毎月第4週目は日本語による進行です。

 

 

今日の言葉は「麗らか/serene」。毎回、「今日の言葉/Word of the Day」の役割担当の人が、ひとつの単語を紹介し、例会中のスピーチや論評、役割紹介の時などに使用します。

その後、各担当者による役割説明がありました。

 

この日は、会の最後に年に1度の役員選挙があるため【テーブルトピックス/Table Topics】は無し。例会は大まかに4部構成でした。

1.【1分間スピーチ/One Minute Speech】・・・事前にTMODより出されたお題に応じての1分間スピーチ

2.【準備スピーチ/Prepared Speech】・・・事前に準備・練習してきたスピーチ

3.【論評の部/Evaluation Session】・・・準備スピーチに対する良い点、改善点を挙げる論評

4.【総合論評/General Evaluation】・・・総合論評のトーストマスターから各論評者への所感と例会全体のフィードバック

 

 

1.【One Minute Speech】”Please tell us about your new beginning in April.”

4月から新しく始めたことについて、スピーチしました。

 

 

2.【Prepared Speech】

①TM Okuoka Wild Life

 昨年末に大きな決断をしたTM奥岡。パラダイスのような国、オーストラリアでの留学中に出会ったサーファーの隣人の言葉を紹介。「人生はセーフティーネットで守られていたら、楽しみは得られない、生きている実感がしない。」10年後に人生を思い直した時、隣人の言葉と同様の今後を選んだTM奥岡。スイミングプールでサーフィンをしているような人生よりも危険を伴ってでも自然の中でサーフィンするような人生を選び、人生を謳歌する道を歩んでいる様子が分かるPathwaysのアイスブレーカーでした。自分の思い描くことを実行していく生き方をしていきたいと思わせてくれるスピーチでした。

 

 

②TM Ohmi What does it tell you?

その形だけで何かを連想させる帽子を被ったTM近江。シャーロックホームズの38年間の筋金入りのファンとのこと。探偵物語と推理小説の草分けであるシャーロックホームズの魅力を語りました。ワトソンとの友情関係、有名な「キャンプ旅行」の話の紹介がありました。テントの話の結末は「なるほど」と思わせるものでした。

シャーロックホームズとワトソンの名前は知っているものの、昔からある有名なこの小説を読んだことがありません。スピーチの中で紹介のあったエピソードで、ホームズがなぜ初対面のワトソンがアフガニスタンに行ったことがあると推理できたのかが気になりました。TM近江のスピーチをきっかけに、この本を手に取ってみようという気持ちになりました。

 

 

 

③TM 今沢 それって才能だよ

Pathwaysのアイスブレーカー。中学校時代に「良くない」と言われた特性を、社会人になって出会った人物から、「空気を察するのが才能なのでは。」と、長所として見出されたエピソードを紹介しました。この才能とは「エンパス」。馴染みのないこの言葉は、他人の感情を直感的に感じる能力のことで、日本人の3人に1人に該当するとの説明がありました。また、自分では気づかないものが才能である場合があり、他の人にきらりと光るものを見つけたら「それって才能だよ。」と教えてあげてほしいという提案で締めくくられました。

TM今沢が、いつもクラブや個人をよく見てくれているのは、この才能あってのことなのだと改めて知るアイスブレーカーでした。

 

 

④TM F 迷うことなくSOS!

いつも通りの柔らかな口調で始まったTM Fのスピーチ。カウンセリングについての3つの良い点「忖度なし」、「Objectify(客体化)」、「社会化」を具体的な例を挙げてとても分かりやすく説明しました。聴いている私たちに、この3つの言葉を再度思い出させたところで、全員があっと驚いた「SOS」。このスピーチのSOS、大変心に刻まれました。また、スピーチの中でトーストマスターズの冊子の中の言葉の紹介もありました。悩みをかかえてどうしようもなくなった時、カウンセリングを試してみようかと思わせる、まさに今回の課題である「パワフルな説得」の力を持つスピーチでした。

 

 

毎回のことなのですが、この日も色々なスピーチを聴かせてもらえるこのクラブの会員になって良かったと心から思いました。

3.【Evaluation Session】

準備スピーチは、各自マニュアルに沿った課題を持って発表をしています。今日の4名のスピーカーに対し、4名の論評者が課題を基に良かった点と改善点を述べます。

 

 

4.【General Evaluation】

Evaluation Sessionの論評者に対しての論評。また、Ah Counter(えーとカウンター)やGrammarian(文法係)、Word of the day(今日の言葉)による全員への論評。

 

 

 

 

本日の各賞受賞者は次の通りです。

Best Speaker: TM F

Best Evaluator: TM A

Best One Minute Speaker:  TM 中川

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第196回通常例会報告(2018/04/14)

日本では4月が新しい年度の始まり。入学式、入社式、新たな気持ちに満ち溢れる4月。今日も武蔵野市民公会堂にやる気みなぎる吉祥寺トーストマスターズクラブのメンバーが集まりました。

 

今日は、英語例会。冒頭、会長のTM水野から先日開催されたDivision Bコンテストに参加されたTM奥岡のコンテスト結果を発表するところからスタート。

結果は残念でしたが、TM奥岡のスピーチが素晴らしかったこと、また次回コンテストに向けてメンバーで目指そうと力強いコメント。さすが会長TM水野。

会場の雰囲気をやる気にさせる一言。

 

次に、今日はTM加藤さんの入会式。新しい仲間が増えるのは嬉しいですね。

 

 

さて、本日のTMOD(司会進行)はTM奥岡。複数のTMCに所属し経験豊富なTM奥岡。実は吉祥寺でのTMODは初。

明るくダンシングポーズも取り入れ明るく例会がスタート

 

 

今日の言葉は、TM三股から紹介された「Enthusiastic/ 熱心な」。

熱心になれることがあるのって素晴しいことですよね。とある野球チームの熱烈なファンであるという例を挙げて場を盛り上がるTM三股。

そのあと、各役割説明が続きます。

 

First, we had a 1 minute speech session as an exercise. The theme was “If you have set your new year resolution for this year, how is the progress?”

 

Speakers talked about a career change, how to stop eating ice cream, 100 goals for this year, watching a movie monthly and so on.

We were able to learn how to achieve personal resolutions.

The meeting was exciting full of laughter and surprises.

Then, we moved on to Table topics session.

Today’s TT master was TM Kobayashi.

 

Topics were,

What if you were allowed to have a side job?

 

What would you major in if you can learn at university? Why?

Those questions were asked, using a “what-if” format.

Thanks to those nice questions, each speaker could express their dreams and fantastic ideas.

It was very impressive that the respondents seriously thought about their topic and talked about their own desires.

The questions were wonderful and inspired us to think about our future

 

 

 

 

 

 

After the Table Topic session, we had a prepared speech session.

The first speaker, TM Miyazaki made an Ice Break speech titled “My story of music”.

 

It was such a wonderful speech that we could not believe it was his first speech. 

He visited the United States 40 times to enjoy music.

His wife called out ”My husband is a guitarist!” in a local live house.

It was his dream story in which he made a lot of musician friends.  That eventually led to his CD creation.

His speech was very heart-warming and we were moved. Because he ended his speech, thanking to music and his wife

We all felt that his wife would be very happy to listen to his speech.

 

 

The second speaker was TM Nakagawa, whose speech title was “Little Black Sambo”

 

This was a story of a nostalgic picture book I read a long time ago.

TM Nakagawa explained the three types of fights with tigers in an easy and clear way.

The way he described the story inspired creativity of the listeners.

Why did those tigers turn into butter?  I wondered, but at the end I could help wanting to eat hot cakes.

It was a heartwarming story. TM Nakagawa’s gentle voice made us feel nostalgic.

 

 

 

続いて日本語スピーチです。
3番目のスピーカーはTM谷、タイトル「100万分の1」。

 

PATWAYS導入初のスピーチ。さすが教育担当TM谷。皆に事前にPathwaysのice breakをするにあたりマニュアルを配布される極め細やか神対応。

人事評価でそつなく何でもこなしていた自分。評価項目で100万分の1に○がついていた時の心境。それを克服するためにこのTMで変化してきたこと。

自身のことを伝えつつ、PathwaysのIce Breakがこういうものだということを示してくれるスピーチでした。

 

 

4番目のスピーカーはTM水野。タイトルは「八甲田山」。

 

難しい~プロジェクト。上司から言われた言葉。次は八甲田山だな。っというコメントから聴衆を引きつけられます。突然すぎる、考えさせられるコメント。

そのあと、八甲田山事件について説明。ミステリー番組をみているかのようなTM水野の説明。これまたどんどん引き込まれ、結論が出ないまま、質疑応答タイム。

なぜ、上司がそのコメントをしたのか、興味がとびかう質疑。上司の真意は何処?To Be Continue.ってところがまた魅力的な聴衆を引き付けるスピーチでした。

 

 

休憩後、今度は論評セッション。ベテランTMたちの論評は、明確で的確で圧巻。TM猿渡は、得意の動作を取り入れた論評で回りを引き付け、TM中保からTM谷への論評は、長年付き合ってきたからこそ言える、過去から変わった点をTM谷に伝えるなど、TMメンバーの相手を思いやる、メンバーみんなが大好きという感じが伝わる例会でした。

総合論評のTM高山の進行ぶりは見習うことばかり。仲間をお手本に自分を高められる吉祥寺TMC最高です。これからも楽しい例会みなさん積極的に参加して盛り上げて行きましょう。

 

 

 

 

 

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best Speaker TM Miyazaki
Best Evaluator TM Sawatari

Best TT Speaker TM Adachi
Best 1 Minute Speaker TM Takayama

 

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第195回通常例会報告(2018/03/31)

3月の最終日、桜満開の井の頭公園へ続く人、人、 人の波にもまれながら、 今日も武蔵野公会堂に吉祥寺トーストマスターズクラブのメンバー が集まりました。

 

今日は、第5土曜ということで、恒例の「スピーチマラソン」。 テーブルトピックスセッションを行わず、 準備スピーチ5本とそれに対する論評で構成される特別例会です。

 

冒頭、会長のTM水野から、 日常生活で友人の相談を受けたことから、 スピーチを通じて自分に向き合うことで成長した自分を再認識した という心に沁みる話がありました。

 

さて、本日のTMOD(司会進行)はTM土井。「 この役割を引き受けるのは7年ぶり」 とエープリルフール前日に早速ウソを披露し、 軽快に例会をスタートしました。

 

今日の言葉はTM猿渡から紹介された「Comfortable/ 安らぐ~♪」。例会の中で、 メンバーがこの言葉を効果的に使う場面が多くありました。そして、役割説明が続きます。

 

Before the marathon race, we had a 1 minute speech session as an exercise. The theme was “What is your biggest mistake in your work?”

Hangover, overslept, heard wrong, typo and so on. Many participants including 3 guests confessed their mistakes but it made the audiences laugh at loud. Also the speakers looked not embarrassed but fun.

 

Then, we moved on to the prepared speech session.
First speaker, TM Kimura made an enthusiastic speech titled “An unrealistic world”.
Even if she gets depressed, she is able to get back on her feet soon by a magic. It is the Takarazuka revue. She said that it must be a magic because the beauty, the smiles and the blight ending always makes her happy. The speech was conducted by following project #4, “How To Say It”. She succeed to describe her inner feeling and the beautiful scene of the Takarazuka revue vividly.

 

 

Second speaker was TM Happy Maruyama, whose speech title was “Ageless Love”.
He showed some funny episodes from his ordinary life which means the realistic stories between him and his wife. He sang a song, “What I’m looking for…” during the speech. But, he had already found his missing thing which was an ageless, timeless and priceless LOVE.

 

 

続いて日本語スピーチです。
3番目のスピーカーはTM高山、タイトルは「気づきのことば」。
ゲームに熱中して受験勉強に身が入らない弟をいかにして本気にさせるか。試行錯誤の末、姉は、ほめたり叱ったりするのでなく、相手を認め、率直に想いを伝えることこそが「気づき」になるのだという “recognition” を大切にするTMCの活動にもつながるハートウォーミングなスピーチでした。

 

 

4番目のスピーカーはTM小林、タイトルは「レッツ投資!」。上級マニュアルの中でも難しい、パーティーディナーのあとの眠い聴衆を相手に、飽きさせないように語るというプロジェクトです。「春ですね。何か新しいことを始めてみましょう!」と元気よく始まったスピーチの内容は、「投資信託」のお話。それを分かりやすいキーワードと思わず吹き出してしまうエピソードを添えながら、巧みに進めていくところはさすがTM小林です。勉強になりました。

 

 

5番目のスピーカーはTM Aさん。基本マニュアル最後のプロジェクト「聴き手を奮い立たせるスピーチ」に挑みました。タイトルは「マインドコントロール」。居酒屋で「まずは生!」と思わず言ってしまう私たち。もしかしてマインドコントロールされているのかも。莫大な広告宣伝に費やされるコストと時間に関するデータを示しながら、自分で意思決定することを忘れているのではと聴衆に問いかける迫力に満ちたスピーチでした。

 

 

5分間の休憩で「安らぐ~♪」暇もなく、今度は論評セッション。駅伝の襷を渡すかのように、論評者たちがステージに立ち、次々と温かくも鋭いフィードバックを放っていきます。いずれの論評も、なるほどと唸らせられるものばかりで、きっとスピーカーにとって気づきを多く得られるものとなったでしょう。総合論評担当のTM Bさんから「先に改善点を示してもらってから良いところをたくさん挙げてもらう順番にしてもらえると気分よく帰宅できる」との異例の申し出もあり、本日もColorfulでCozyな例会となりました。

 

 

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best Speaker TM Takayama
Best Evaluator TM Kuwahara
Best 1 Minute Speaker TM Takayama

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第194回通常例会報告(2018/03/24)

桜が満開を迎えた3 月24日、今回は、久しぶりの元メンバーや海の向こうからのメンバーを加え吉祥寺にて例会が開催されました。

 

まずは、前週に開催されたエリアコンテストの結果報告。たくさんの吉祥寺メンバーが参加し、盛会のうちに終わることができました。その後1名の入会式を行い、フレッシュな気分で例会が始まりました。

 

 

 

 

TMODは2月にコンテスト委員長も務めたTM Aさん。初TMODで今回は通常とは異なるセッションがある例会でしたが、しっかり事前準備をして順調な進行を行いました。

 

まずは、吉祥寺トーストマスターズ 特有のOne Minute Speechセッション。

“Please tell us the best place of cherry blossoms that only you know,not listed in the guidebook.”という桜のこの季節にちなんだお題が出されました。自発的に手をあげるメンバーや、アメリカからウェブ参加のメンバーがお題に答えていきます。ベストOne Minuteスピーカーの座は誰の手に!?

 

新しい一歩を踏み出すメンバーの報告もあり、刺激を大いに受けた1日でした!

 

 

 

 

 

 

その後、TMシアによる5月から新しく始まる教育プログラムPathwaysについて約45分間のセミナーが行われました。内容が具体的に明らかになった今、新プログラム導入にワクワクです。

 

 

休憩を挟んでいよいよ準備スピーチの時間です。今回は日本語スピーチ1本。TM高柳の「黒豹な私」です。ご自身を動物占いの黒豹にたとえて自己紹介を行い、会場は笑いの渦に包まれました。

 

 

論評の時間は、TM猿渡による進行です。例会への建設的なフィードバックを行なっていきます。TM青山の個別論評に始まり 、その後各ヘルパーによる個性あふれる発表、そして最後に例会全体のフィードバックを行います。

 

 

さあ、いよいよベストOne minuteスピーカーの発表です。

今回の受賞者は、TM岩佐!

 

カテゴリー: 例会報告 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る