例会ブログ

第97回通常例会報告(2014/6/14)

6月14日、武蔵野公会堂で吉祥寺トーストマスターズクラブ第97回例会が開催されました。

 

 

本日も土井会長の挨拶で例会がスタートしました。

 

ついに97回目の例会、記念すべき100回まであと少しです。今日はワークショップ「真実の瞬間」があったので、ミニ例会でした。

 

 

本日のTMODは、前田さんです。TMOD初めてとは思えないくらい、落ち着いた雰囲気で司会をしていただきました。

 

 

今日の言葉担当は桑原さんです。

 

「なんて~!」”What ~!”、”How ~!” という感嘆文です。驚きや感動を言葉で表すには使いやすい言葉が紹介されました。多くの会員が、スピーチのところどころで使っていました。感情を表すのに適した表現ですので、これからも使っていきたいですね。

 

 

今日の言葉

 

 

 

次は英語のウォーミングアップ、English one minute speechです。

 

 

 

本日のお題は「梅雨時はどのように過ごしますか。」”How do you spend the rainy season?” です。

 

映画を見たり、パンを焼いたり、梅をつけたり、それぞれの過ごし方をしているようでした。

 

 

 

次のセッションは準備スピーチです。

 

 

1人目のスピーカーは、橋本さんです。

 

タイトルは、Lesson 16 The subjunctive mood。橋本さんが先生に扮して、仮定法についての英語の授業を行なっているスピーチでした。仮定法過去など、懐かしいフレーズがたくさん出てきて、学生のころに戻ったような思いになりました。英語も論理的に構成されているんだなと感心したスピーチでした。

 

 

TM Hashimoto's speech

 

 

 

2人目のスピーカーは、栁瀬さんです。

 

栁瀬さんは初めてのスピーチ(アイスブレーカー)で、タイトルはMy major is …です。

 

 

TM Yanase's speech

 

 

 

アイスブレーカーとは、自己紹介スピーチのことで、自らのことを会員に分かってもらうのが目的となります。栁瀬さんは最初、タイ語での自己紹介から始まり、大学での専攻のことや、どうしてトーストマスターズを始めたのかなどを話していただきました。

 

 

 

次のセッションはテーブルトピックスです。

 

 

テーブルトピックスとは、即答力を身につける目的で、司会者からお題が出され、即興で答えます。本日のテーブルトピックスマスターは大堀さんでした。

 

 

Table topics

 

 

ニュースにちなんだお題が出されました。「自分が自由に祝日をつくることができるなら何の日を制定するか」や「身の回りの生活で自動化できるものがあったら何がいいか。」など、難問が多かったです。

 

 

ミニ例会のあとはワークショップ「真実の瞬間」。

 

 

真実の瞬間とは、1年に1~2回行なわれる、例会運営の課題をみんなで話し合うものです。チェックシートに書かれた質問のなかで、吉祥寺クラブの課題となるものをピックアップして、みんなで解決案を出し合いました。

 

 

ワークショップ「真実の瞬間」の様子

 

 

本日も実りの多い例会となりました。

 

表彰式の様子

 

 

(ポーズは、栁瀬さんのスピーチに登場したタイ語にちなんで。)

 

 

本日の受賞者は以下の通りです。

 

Best English One Minute Speaker:桑原さん

Best Table Topics Speaker:高山さん

Best Evaluator:猿渡さん

Best Speaker:栁瀬さん

 

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る