例会ブログ

第75回通常例会報告(2013/8/24)

8/24(土)に吉祥寺トーストマスターズクラブ第75回例会が武蔵野公会堂で行われました。

 

本日のToastmaster of the day(TMOD:司会進行役)は、新教育担当の中保さん。昨年の出席率1位というトーストマスターズに対する真摯な参加ぶりが現れた、大変落ち着いた司会ぶりでした。

 

各役割紹介は、非常に分かりやすく紹介していただきました。今日はゲストにDrian Von Goldenさんを迎え、例会の冒頭で、「Using Body Language: ボディーランゲージの使い方」のミニワークショップがありました。

 

Drianさんのワークショップ

 

スピーチの中でボディーランゲージを使うことで、よりインパクトのあるメッセージを効果的に伝えることができるとのことで、演習を交えた大変楽しいワークショップでした。

 

次は英語のウォーミングアップのため、One minute speech(一分間スピーチ)。

事前に与えられたお題に対して一分間で答えるというもの。本日のお題は「Please tell us the funniest thing that happened in summer with body gestures.(これまで最も楽しかった夏の思い出について、ジェスチャーを交えて話してください)」というものでした。

 

みなさん、それぞれの夏の思い出を、楽しく披露してくださりました。

 

次のTable Topics(テーブルトピックス)は、与えられたトピックに対し、即興で答えるというもの。

今日のテーブルトピック担当は元会長の久保田さん。「Communicating with Foreigners.:外国人とのコミュニケーション」。外国人とのびっくりしたエピソード、トラブル、うまく会話するためのコツなど、楽しいスピーチが披露されました。

 

吉祥寺トーストマスターズクラブはバイリンガル(日本語、英語)クラブで、最初に英語、ついで日本語のセッションと続きます。

 

英語の準備スピーチのセッション。

 

1人目のスピーカーは中川さんで、アイスブレーカーのスピーチタイトルは「風見鶏のダイバーシティー」。中川さんの誰とでも柔軟に対応するためのバランス感覚、協調性の原点にふれる、説得力のあるスピーチでした。

 

中川さんのスピーチ

 

2人目のスピーカーは小林さんで、スピーチタイトルは「現状に満足しない」。これまでの自身のスピーチを振り返り、目的意識を持つこと、コメント力をつけることを目指すことを、トーストマスターズアカデミーの卒業式風にスピーチしてくださいました。

 

小林さんのスピーチ

 

3人目は、前田さんで「SFと未来の世界」。とある大学での実験でテレポートに成功した、というニュースを元に、今後の可能性について面白く語ってくださいました。

 

前田さんのスピーチ

 

 

今回の例会はゲストや他のトーストマスターズクラブからの見学者もあり、大変充実した例会となりました。

 

今回の表彰者は以下の通りです。

おめでとうございます。

 

Best One Minute Speaker:大堀さん

 

Best Table Topics Speaker: 藤原さん(ゲスト・立川TMC)

 

Best Evaluator: 本さん、宮澤さん

 

Best Speaker: Drianさん(ゲスト・Leadership TMC)

 

 

 表彰式の様子です。

 

 

カテゴリー: 例会報告2 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る