例会ブログ

第60回通常例会報告(2013/1/12)

1月12日(土)に、吉祥寺トーストマスターズクラブにとって、2013年最初の例会が開催されました。

前回の例会で入会された2名の新メンバー、初めて見学に来られた4名のゲスト、本日入会するメンバーを迎え、新年にふさわしいフレッシュな顔ぶれで賑やかに行われました。

 

例会の始めに、栗本さんの入会式が行われ、ゲストの方も一緒にハンドシェイキングセレモニーをしました。栗本さん、改めて入会おめでとうございます!

 

栗本さん、入会式

 

さて、今日のToast Master of the Day(司会進行役,TMOD)、は小林さんです。とても落ち着いた進行ぶりで、スムーズに進行して頂きました。

 

今日の言葉は、入会したばかりの猿渡さんから、景気の明るい兆しを象徴する、「前向き、positive」という言葉が出されました。

 

猿渡さん、今日の言葉

 

★English Session(英語の部)

今日の進行役を務めて頂いたのは松本さんです。

 

1. One minute speech

themeは、TMODの小林さんに事前に出題して頂いた、”Tell us about your new year’s resolution”でした。ゲストの方々にも流暢な英語で語って頂いたり、スピーチの後の松本さんの気の利いたコメントで盛り上がりました。

 

松本さん、英語司会

 

2. Table topics

Table topics MasterはKさんでした。

 

ご自身の転職の際の面接で聞かれた質問、

 

”what are you going to do or be in 10 years?”,

 

から始まり、資生堂の”what color are you?”,

 

ルイヴィトンの”describe yourself by food”,

 

住友の”if you are able to bring one item to an uninhabited island, what would you bring and why?”

 

という難問に、皆さん真剣に回答して頂きました。

転職を考えてる方は参考にしてみてください!

 

テーブルトピックス

 

3. 英語準備スピーチ

1本目のスピーチは、”Happy leaf”というタイトルで、Tさんに発表して頂きました。

100円ショップで見つけた、”happy leaf”という、袋に入った葉を育てたところ、芽がでるのは沢山の根がしっかりと育ってこそなんだと気付かされ、縁の無い場所に移ってきた筒井さんが、地元の人との交流を深め、地域に溶け込んでいく様子を描写した心温まるスピーチでした。

 

英語スピーチ

 

★日本語の部

 

1. 日本語準備スピーチ

まず、橋本さんの「できちゃった! いいね」という不思議にキャッチーなタイトルのスピーチです。

タイトルとは裏腹に、統計データを使って、でき婚=離婚ではないよという証明から始まり、離婚の原因について橋本さんらしい深い考察を交えたスピーチでした。今年の抱負をシンデレラドリームを打ち破る事に変更しようと思う程、パワフルな説得でした。

 

橋本さん、スピーチ

 

2番目は土井さんの「電子書籍と日本人」というタイトルのスピーチです。

電子書籍の売り上げは、日本がアメリカに優っていながら、その内容はエンターテイメントに偏っているという事実、書籍の紙媒体から電子媒体への移行の障害として、出版業界の意向や日本人特有の心理が働いているという、とても為になる分析と情報をスクリーンを使いながら、わかりやすく説明されてました。

 

土井さん、スピーチ

 

全ての教育セッションの終了後に入賞者の発表と表彰式が行われました。

 

★入賞者

 

Best One Minute Speaker:猿渡さん

 

Best Table Topics Speaker:小林さん

 

Best Evaluator : 宮澤さん

 

Best Speaker:土井さん

 

表彰式

 

皆さん、おめでとうございます。

今年も一年頑張りましょう!

 

カテゴリー: 例会報告2 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る