例会ブログ

第2回スピーチマラソン(2012/12/22)

吉祥寺トーストマスターズクラブにとっての今年最後の第59回例会が開かれた12/22(土)は、思い出に残る素敵な1日となりました。

 

例会のはじめには、前回の例会で入会表明をされた猿渡さんとFさんの入会式が行われました。
恒例のハンドシェイキングセレモニーにはお二人とも驚かれていましたが、これで晴れて今日から吉祥寺トーストマスターズクラブの仲間入りです。

 

入会式

 

本日の例会内容は、特別企画スピーチマラソンです。
準備スピーチと論評のみを行うこの特別企画には、今回10名以上のスピーカーからエントリーがありました。吉祥寺トーストマスターズクラブの皆さんのスピーチにかける熱い思いが伝わってきます。

 

吉祥寺トーストマスターズクラブはバイリンガルクラブなので、前半は英語、後半は日本語に分けて準備スピーチを行いました。

 

橋本さん、スピーチ

堀松さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピーチのテーマはまさに十人十色です。タイトルだけを見ても、例えば”Why Art? (橋本さん)”、”MRI(堀松さん)、”「ギャンブルの心構え(小林さん)」「紛争後の教育支援(外山さん)」と幅広いジャンルのトピックを扱いながら、それぞれの個性や専門性を生かした魅力あふれるスピーチを披露されていました。

 

小林さん、スピーチ

外山さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはタイトルから想像のつかないスピーチ展開をされた方も。松本さんは「INCE(インジェ)さん、遠くて近い国」、宮澤さんは「電信柱」と題し、最後は聞き手をうなずかせるエンディングで締めくくっていました。

 

松本さん、スピーチ

宮澤さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土井さんは、「2度あることは3度ある?」というタイトルで、タイムリーな地球滅亡説に関するスピーチを披露。

 

土井さん、スピーチ

 

スピーチマラソンだけに、そろそろ給水がほしいかな?というタイミングでは、スピーカーのユーモアが会場の雰囲気を一気に和ませていました。

 

大堀さん、スピーチ

中保さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保田さん(”Water Diet”)、大堀さん(「ファミレスで聞いた話」)、中保さん(「秘湯」)は笑いを誘うイントロでオーディエンスの心を巧みに掴んでいました。

 

久保田さん、スピーチ

 

そして、本日入会したばかりの新会員のお二人も、さっそくアイスブレーカーに挑戦してくださいました。メモをほとんど使わない滑らかな英語スピーチは、とても初めてのスピーチとは思えません。

 

準備スピーチの後には、論評セッションを行いました。1人の論評者がスピーカーに対して、良かったところと改善点をアドバイスします。今回は短縮バージョンで、一人1分~2分で論評しました。

 

3時間弱に渡る例会はとても濃い内容で、終了後皆さんがすがすがしい表情をされていたのが印象的でした。はじめから終わりまで計時係をしてくださったアレンさん、論評に徹してくださった近江さん、そしてゲストとして参加してくださった皆さんも、ありがとうございました。

 

例会後には、吉祥寺の居酒屋さんで忘年会が開かれました。美味しい料理とお酒、そして温かい皆さんが集まれば、自然と楽しい時間が流れていきます。

 

忘年会

 

今年一年を振り返ると、吉祥寺トーストマスターズクラブの皆さんのスピーチや、運営に関するアドバイスから多くの学びや気づきがありました。吉祥寺トーストマスターズクラブを支えてくださる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。来年も、皆さんにとって飛躍の年となることを心から願って…。

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る