例会ブログ

第57回通常例会報告(2012/11/24)

11/24(土)に吉祥寺トーストマスターズクラブの第57回通常例会が開催されました。

本日は真剣な眼差しのゲストさんが4名も来られ、外の寒さ同様身の引き締まる例会となりました。皆様、ご参加ありがとうございました。

 

例会のはじめには、前回の例会で入会表明をされたアレンさんの入会式が行われました。アレンさんは、爽やかな笑顔が非常に印象的な方です。

 

アレンさん、入会式

 

本日の「今日の言葉」は、大堀さん提案の「(成)熟した/Mature」。深みのある(意味深?)言葉、使うのが難しそうでしたが、なんとスッと取り入れられた方々の柔軟性に拍手です。

 

■English Session Masterは、外山さん、とても初司会とは思えない落ち着いた進行振りで、One Minute Speech(お題:”Do you, or do you not, like winter? Please tell us why.”)を卒なくこなされました。

 

外山さん、英語セッション司会

 

■英語でのテーブルトピックスマスターは、本さんでした。

 

「Most impressive teacher at your primary school」や、

「What would you do to a child who likes to sleep rather than study mathematics?」

など、誰の心にもある昔懐かしい“あの頃”の日々を想い起こさせる、ほのぼのとした時間でした。

 

本さん、テーブルトピックスマスター

 

■英語のPrepared Speechは、土井さんでした。(CC-2 課題:Organize Your Speech)

 

「Trade-off of Convenience and a safety」と題して、身近な問題のPCソフトの利便性
vs.安全性、微妙な関係を解説されました。

 

土井さん、英語スピーチ

 

 

■日本語の部で準備スピーチの一番目は、田口さんでした。(CC-7 課題:トピックのリサーチ)

 

「ここがすごいぞ、メキシコ」、先日御主人と10日間メキシコに旅された“すごい”体験を優雅に語られました。

 

田口さん、スピーチ

 

■二番目は、吉祥寺トーストマスターズクラブ創設者の近江さんでした。(CC-7 課題:トピックのリサーチ)

 

「CLとレコグニッション」。吉祥寺トーストマスターズクラブでは、トーストマスターズの教育マニュアルの「Competent Leadership Manual」は、あまり利用されていない傾向があるので、例会での役割をこなしていく上で、もう一度よく読み直して理解を深めて貰いたい、というお話でした。

 

近江さん、スピーチ

 

■論評の部は、ベテラン堀松さんが総合論評として司会を務められました。

小林さんの英語での論評、Tさんの田口さんへの論評、橋本さんの近江さんへの論評、それぞれ個性的な論評でした。

 

堀松さん、総合論評

小林さん、論評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のベスト賞は以下になります。
おめでとうございます!

 

★Best One Minute Speaker
松本さん

 

★Best Table Topics Speaker
中保さん

 

★Best Evaluator:
橋本さん

 

★Best Speaker:
田口さん

 

表彰式

 

今回、TMOD(Toastmaster of the Day)をやらせて頂きとてもよかったです。
自分が思う程には上手くやれない、スピーチと同じでしたね。沢山のミスをやらかしてしまいました。ゴメンナサ~イ。

 

でも、おかげで、この次は今日のガーター(ボーリングで言う、でも発音が間違い、正しくは、gutter)を繰り返さぬよう気を引き締めて、身も心も引き締められる例会でした。

 

ゲストの方からも「また来たい」と嬉しいコメントも頂きました。
みなさん、沢山の御協力ありがとうございました。

 

カテゴリー: 例会報告2 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る