例会ブログ

第38回通常例会報告(2012/3/24)

吉祥寺TMCの第38回例会が3月24日(土)に開催されました。今日の例会では、大堀さんと宮澤さん2人の入会式で始まりました。
「今日の言葉」は、堀田さんから「春うらら」を頂きました。役割は、計時係:高山さん、集計係:大堀さん、えーと文法係:近江さんでした。
大堀さん

今日のEnglish Sessionは橋本さんが司会でした。最初に原則全員参加のOne minute Speechを行います。今日のお題は”Which season do you like or dislike ? Why?”。好きな又は嫌いな理由は皆でそれぞれでしたが、秋が好きな人が一番多かったようです。
次は英語による準備スピーチ。今日は久保田さんのスピーチで、タイトルは”Car Navigation System”。これまでの自転車生活から、最近買った車での移動が可能になったものの、車に付いていたカーナビが今一使えないことについて、面白く話してもらいました。

次は「テーブル・トピックス」。今日は堀田さんが進行役となって、出されたお題に「自分の意見・考えと理由を3つ」という型で言わなければならないというやり方で、「スピーチを勉強することの意味」、「トーストマスターズの魅力」などのお題で進みました。即興で型にはめて無理にでも理由を3つ挙げるのは大変ですが、聞く側としてはそれなりのスピーチらしく聞こえるんですね。

田口さん次は日本語の準備スピーチ。今日は田口さん、藤本さん、木下さんの3名でした。田口さんは、職場での海外研修で得た情報を紹介して頂きました。他人とのコミュニケーションにおいて、アグレッシブ(攻撃的)とパッシブ(受身的)の中間である「アサーティブネス」(自己主張)の立場で他人とコミュニケーションを取ることも一つの対処方法ということを教えてもらったスピーチでした。

続いて、藤本さんは、「ジェネレーションズ」というタイトルで、住む場所や奥さんが働くことなどについて職場の同僚へインタビューした内容など、興味深いと感じたエピソードを紹介してくれたスピーチでした。

藤本さん

木下さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、木下さんは、「上海の隣人から教わったこと」というタイトルで、初めてのスピーチに臨みました。上海への留学中にアパートの隣人となった男性との交流の中で、他国の人とのコミュニケーションの大切さを実感した経験を紹介してくれました。初めてにしては、落ち着いた分かりやすいスピーチでしたよ。

休憩を挟んで論評の部、表彰、そして閉会と、時間通り終わり、閉会後は恒例のささやかなお茶会をしました。

 

堀松さん

田戸岡さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新メンバーの加入でますます活気づいている吉祥寺TMC、これからも楽しみです。

 

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る