例会ブログ

第36回通常例会報告(2012/1/28)

本日はいつもの武蔵公会堂ではなく、武蔵境にある武蔵のプレイス、ここがすごーく奇麗なおしゃれなところだったのです!ブッキングしてくれた上村さんどうもありがとうございます。詳細はここでは述べませんが、興味があれば是非行ってみてください。

 

さて、例会についてですが、やること盛りだくさんでした。なぜなら準備スピーチが4本も!TMOD初の私としては、時間通りまとめることができるのかはじめから終わりまで緊張しっぱなしでした。
本日の言葉は瀬戸屋さんよりいただき、「心機一転」英語では‘turn of a new leaf’というそうです。時計係、集計係、えーと文法係はそれぞれ松本さん、上村さん、木下さん、瀬戸屋さんに行っていただきました。

 

土井さん、英語司会

前半は土井さんによるEnglish Session。One minute speechのお題は’what do you do to prevent from catching a cold’ (あなたの風邪予防策を教えてください。)です。 ゆたんぽ、ネックウォーマー、しょうがなどいろいろといろいろと教わりました。今の季節、為になります。明日から実践しよう!

 

 

 

 

 

英語の準備スピーチは松本さんがアイスブレーカーで、松本さんの人生の概要を聞きました。松本さんがどこから来て、そしてどこへこれら向かおうとしているのか。ジェスチャーを交えてダイナミックな人生をほんの少しお伺いすることができました。2つ目の英語準備スピーチは高山さんによる「Japanese calligraphy and our lives」という題で習字のお話を頂戴しました。高山さんの習字に対するあつい情熱が感じられました。スピーチをする上ではやりこのパッション重要です。パッションがあるから人にも伝わります。

 

松本さん、スピーチ

高山さん、英語スピーチ小林さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語セッションの時間にはスピーチが2本。小林さんから「子育て〜我慢と不安と覚悟」、つづいて高橋さんよりアイスブレーカー「僕の原点」。小林さんは高校受験を控えた息子さんに対する思いをお話しされ、「息子のやりたいようにやらせる、それが親のつとめ」というような内容で、息子さんへの愛を感じるスピーチでした。高橋さんは大学時代に打ち込んだラグビーについてのお話でした。印象に残っているのはなんと行っても、冒頭の歌!前にたち、仁王立ちになり、後ろに手を組んで、目をつぶる。何がはじまるのかとおもったら、大きな声で大学の校歌を歌い始めました。聴衆の関心を引く効果ばっちりでした。

 

高橋さん、スピーチ

藤本さん、総合司会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩をはさみ、論評の部では久保田さん、田口さん、がそれぞれ英語で、堀田さん、堀末さんがそれぞれ英語で行いました。論評の部の総合司会は橋本さんでした。その後表彰と、それぞれの係の方からの報告をいただき、例会は終了となりました。時間は目一杯使って16時終了。全てのプログラムを時間通りにやり終えてホットしました。あとはおやつタイム。一仕事後のお茶はひときわおいしいですね。
初めてのTMOD、事前準備等あり、大変なことがわかりました。でもまたやってみたい、そう思えるのもあたたかい態度で受け入れてくれるトーストマスターズの皆様のおかげだと思います。

 

表彰式

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る