例会ブログ

第27回通常例会報告(2011/8/27)

8月27日武蔵野公会堂で第27回例会が開催されました。夏休みのためか若干人数が少なめでしたが、楽しい例会となりました。

今日の言葉はH本さんが担当され、「哀愁(Melancholy)」という言葉を紹介されました。普段なかなか使わない言葉を思い起こさせてくれるという意味でも、今日の言葉は重要ですね。

役割説明のあとの英語セッションはT井さんの進行で行いました。参加者全員が”What is your most favorite autumn food?” というテーマについて英語のスピーチをしました。英語だと1分間でもスピーチするのが大変でしたが、大好きな秋の食べ物にまつわるご自分のエピソードを紹介していただきました。

 

スピーチ

英語の準備スピーチは、EワードさんによるCC#5 “How should I debate my point.”というタイトルのスピーチでした。外国の方から見た、アメリカ人と日本人の意見の主張方法の違いを楽しくスピーチしていただきました。

 

Eワードさん、スピーチ

今回のテーブルトピックスはH本さんの進行で、”読書”というテーマで行いました。どのような本を読んでいるかについてや、本の読み方など「読書の秋」を控えて今の時期にタイムリーな話題を提供していただきました。

 

H本さん、スピーチ日本語の準備スピーチ1本目は、K林さんが「自分について最近思ったこと」というタイトルで、アイスブレーカー(入会後初のスピーチ)を行いました。ご自身の息子さんを通して、自分自身を客観的に分析し、トーストマスターズクラブで自らの気になるところを改善したいというスピーチでした。

 

 

 

 

 

日本語スピーチの2人目は、O江さんが「かばん」というタイトルでスピーチを行いました。O江さんが旅行の際に会った、2人の知人のエピソードを紹介され、かばんには人生や人柄が詰まっているという奥深いスピーチでした。

 

K林さん、論評O江さん、論評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

論評の部では、K村さんに総合論評をしていただきました。「今日の言葉」を使っている方が少ないということを指摘されており、自分自身、耳が痛い思いをしました。語彙を増やすためにも積極的に使っていきたいですね。

最後に、吉祥寺トーストマスターズを支えてきてくれたEワードさんが帰国することになり、送別会がありました。Eワードさんは大変フレンドリーなので、親しみやすく別れが惜しい会員の方も多いかと思います。

 

Eワードさん、O江さん、記念写真Eワードさん、お別れ会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、Eワードさんの残してくれたものを発展させていくためにも、当クラブを盛り上げていかないとですね!!

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る