例会ブログ

第23回通常例会報告(2011/6/25)

6月25日の第23回例会は、いつもの会場ではなく「御殿山コミュニティーセンター」で開催されました。今回も、他クラブのメンバーゲスト2名と、入会検討のゲスト2名にご参加いただき、TMODはK村が今回初めて挑戦させていただきました。
今日の言葉は、K村が2役で担当し、英語では”compassion” (助けてあげようという深い思いやり)、日本語では「憐憫(れんびん)」という語彙を紹介しました。

 

スピーチK村さん、総合司会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役割説明のあとは英語セッション。参加者全員が”What do you do to save electricity?”というテーマで1分間スピーチをしました。できるだけ外出して会社やカフェで過ごすという方、昼まで寝て電力を節約するという方、洗濯機を夜中に回して電力消費を集中させないようにしている方など、いろいろな工夫が発表されとても参考になりました。

 

英語の準備スピーチは、H本さんによるCC#2 “In the world we are living in, believe what you believe to be true.”というタイトルのスピーチでした。今回の震災にたいするメディアの報道や政府による情報操作の可能性に触れながら、個々の人間が正しい判断をしていくためにどうするべきかについて、H本さんらしい思いのこもったスピーチを発表いただきました。
今回のテーブルトピックスは日本語。T山さんの進行で、今年の節電の夏をどのように乗り切るかをメインテーマに、「私の○○法」と題し、4つの質問が投げかけられました。指名された回答者は、即興スピーチにもかかわらずやはり今回もとても落ち着いて答えていらっしゃいました。

 

高山さん、スピーチY浜さん、スピーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語の準備スピーチ1本目はY田さんによるCC#3「怠け者の私は、どうしたら時間を活かして使えるでしょうか?」というスピーチ。実際聞いてみるとY田さんは怠け者でもなんでもなく、その真逆で、手帳やタイマーを活用して目標達成のために日々努力をされるとても勤勉な方でした。紹介された方法はどれもとても参考になるものばかりでした。

 

日本語の準備スピーチ2本目は、O江さんによるCC#上級2、「プレゼン トーストマスターズクラブ」というスピーチ。スピーチ目標に定められている「少なくとも1つの視覚機材を効果的に使用する」というとおり、プロジェクターを使用し、効果的なスライドを表示しながらのスピーチでした。

 

近江さん、スピーチ

 

評論の部では、H田さんを進行役に、まずはK保田さんによる英語での評論、続いてMゲリアンによる日本語での論評、とそれぞれ難易度の高い、母国語ではない言語の論評を堂々とされていました。Y濱さんは持ち前の明るさとエネルギー溢れる論評をされました。

 

論評堀松さん、論評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のゲストからのコメントでは、1名の方から入会表明もいただくことができ、素晴らしい締めくくりとなりました。チャーターも間近にせまり、ますます熱気溢れる例会となりました!

 

集合写真

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る