例会ブログ

第171回野外例会報告(2017/4/29)

第171回の例会は4月29日、場所を井の頭公園に移して行われました。
今年に入って初めての野外例会です。

唯一の懸念は、天候でしたが、午後2時開始時点では、雨の心配はなく快調な出だしでした。

 

開会のあいさつ

 

冒頭、ゲストとしてお招きしたコスモストーストマスターズクラブのYさんが、自ら考案したワークショップ「きがるね」を全員で実践しました。

 

これは、Yさん指導の下、参加者がペアーになって飛んだり、跳ねたり、歩いたりして緊張感を和らげるPerformance。

これによって、私たちは心身をリラックスさせ、例会本番に入りました。

 

気がるねワークショップ

 

TMODの中保さんが用意した一分間スピーチのお題は、

“ What is your best sunny day? ”

 

この日、見学で訪れた女性のゲストが、カリブ海に面した中南米の国「ベリーズ」を訪れた時の体験を語り、今沢さんとあわせ、最優秀1分間スピーチ賞を獲得しました。

 

テーブルトピックスでは、「井の頭公園でどんなイベントをしたいと思いますか」という小林さんのお題にYさんが、「霊界にいる先祖と対話をするトーストマスターズの例会を行います。

 

テーブルトピックス

 

その数はカウントしません。すなわち、零回とします」と話しました。
例会=霊界=零回の地口をとっさに思いつき、面白いストーリーに仕立て上げ、流れるように語った見事なスピーチでした。
Yさんが、ベストテーブルトピック賞を受賞しました。

 

The first speaker was TM Nakayasu who demonstrated the election campaign speech which he is to deliver in May 6th.

He run for the club growth director (CGD) of the District 76.

 

スピーチ

 

It was a two-minute speech which appealed that he would be the most appropriate person to get the job done.

He has a rival and he must beat his opponent by this speech.

 

TM Hashimoto in his evaluation speech, advised him to tell “the constituents” the concrete and clear examples of change that he could bring about.

 

TM Maruyama, as the general evaluator said he completely agreed with TM Hashimoto’s point of view and reiterated that TM Nakayasu should focus on the commitments for the future rather than the accomplishments in the past as the division B director”
Let’s wish him a good luck!

 

2番手は、エリア22のスピーチコンテストの日本語部門の優勝スピーチ、水野さんの”Life is Beautiful”です。ディビジョン大会にも、これで臨んでおり、彼女にとっては鉄板ネタ。

これを上級マニュアル「エンターテイナー・スピーカー」のプロジェクト5、「夕食後のスピーチ」として再度、披露しました。

 

スピーチ

学生時代に中国に留学し、勉強とともに人生を謳歌している同級生たちを見て、自由な生き方の楽しさ、大切さに目覚めた体験をユーモラスに語りました。

 

3番手のスピーカーはゲストとしてお越しいただいた神楽坂トーストマスターズクラブのIさん。
タイトルは「二番」。
彼女には、人生の師として仰いでいる師匠がいます。彼女は、その二番弟子。

 

スピーチ

 

「師匠は一番弟子に教えたことを、より深く、詳細に二番弟子に教えるので、二番弟子が1番多く学ぶことができます」というオープニングでぐっと聴衆を引き付けます。

どんなことを教えてもらったのだろう。

Iさんは、電車の椅子に寝そべるように座っている酔っ払いの男性の話をして、中保さんと土井さんにそのまねをさせ、「こんな人たち、よく見かけますよね。

私はこれからの人生でこんな醜いものを見たくもないし、悪いものに触れたくもないです。

 

美しい言葉を聴き、良いものだけに触れて毎日を過ごすことを心がけています」と話し、「そうすれば、幸せになることができます」と結びました。

 

ややもすれば、悪い模範のまねをしたり、それに感化されたりしている私たちにとって心に沁みるスピーチでした。最優秀スピーカーはIさんに授与されました。

 

ここまできたところで、雨がぽつぽつと振り出し、高山会長の判断で、直ちに会場から撤退し、全員、武蔵野公会堂のいつもの会議室に移動しました。

引き続き論評のセッションを行い、無事アジェンダに設定された時間通り、例会を終えました。

 

論評セッション

 

最優秀論評賞には神澤さんが選ばれました。

 

表彰式

 

「雨男」の異名を持つ中保さんが参加すると野外例会は必ず雨になるというジンクスがあり、一部のメンバーは深い憂慮の念を抱きつつ、成り行きを見守っていましたが、やはり雨にたたられた例会となり、中保さんは「雨男」という不動の名声を確立しました。

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る