例会ブログ

第170回通常例会報告(2017/4/22)

4/22、リニューアルした武蔵野市民文化会館で、吉祥寺トーストマスターズクラブの例会が行われました!

今日の司会、Toastmaster of the Dayは猿渡さんです。

 

Toastmasters of the day

 

最初のセッションは、One minute speechです。春らしいお題で始まりました。

 

‘’A young person who is close to you became a new employee from this April. Please advise to her/him something as a more experienced person of life’’

 

(あなたの身近な若者が、4月から新入社員になりました。人生の先輩として何かアドバイスしてください)

 

言われるがままではなく自分の考えをしっかり持つこと、失敗を恐れないこと、正直になり過ぎるのも玉に瑕などなど、メンバーの個性がとっても出ますね。

まさに今日の言葉 ‘’Colorful’’ という表現が似合うようなスピーチがたくさんありました。

 

中でも際立っていたのは、「人生はマラソンみたいなもの」という一言でした。山あり谷あり、そんな中でも走り続けるんだよというスピーチに、皆が心打たれました。

 

続いては即興スピーチのテーブルトピックスです。トピックマスター木村さんのセンスが光ります。今日の例会テーマと関連する ‘’Work’’という言葉をキーワードに、真面目なものからユーモラスなものまで、たくさんのスピーチが繰り広げられました。

 

谷さんの胡散臭いセールストークには笑ってしまいました。

 

本日最初の準備スピーチは、白石さんです。

タイトルは「Anne of Green Gables」で、小説赤毛のアンに関するスピーチです。テーブルクロスやお花等、スピーチの雰囲気作りまでしっかりセッティングされていて、素敵です♪

 

スピーチ

 

2番目のスピーチは、Kさんの「Robot」です。ビュジュアルエイドらしく、たくさんのアンドロイドや工業用ロボットの写真が出てきて、聴衆を引き付ける知的なスピーチでした。

 

スピーチ

 

3番目のスピーチは土井さんの「ギャンブルのススメ」。

土井さんらしく、聴衆を徐々に引き込んでいくスタイルのユーモラスなスピーチです。ボートレースと競馬の配当率の話や、どちらの方がレース佳境で盛り上がるか等、私の知らない世界にどんどん引き込まれていきました。

 

最後のスピーチは渡邉さんの「出会い」です。この日が初めてとは思えない、堂々たるスピーチで、メッセージが非常にクリアに伝わってきました。

今までのたくさんの出会い達と同じように、吉祥寺トーストマスターズクラブでもたくさんのモノ・人と出会って、渡邉さんの新境地が開けますように!次回のスピーチもとっても楽しみです。

 

スピーチ

 

本日の表彰は以下の方々です。

 

表彰式

 

最優秀1分間スピーカー: TM Prasad
最優秀テーブルトピックススピーカー: TM 谷
最優秀論評者: TM M
最優秀スピーカー: TM 土井

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る