例会ブログ

第152回通常例会報告(2016/7/9)

第152回例会は7月9日、久しぶりにホームグラウンドの武蔵野公会堂で行われました。高山会長にバトンタッチされてから初めての例会です。The Coziest and the Most Colorful Clubという目標を共有するメンバーの熱意に満ちた、活発な例会になりました。今日の言葉は「Amicable、友好的」とTM近江が発表し、スタートしました。

 

高山会長

 

One Minute Speech のお題は「印象的な童話または神話をあなたの思い出とともにお話しください」。七夕にちなんだ課題で、一見やさしそうですが、挑戦者たちはかなり苦闘したようです。

 

テーブルトピックス
英語準備スピーチの一番手はTM今沢。「同居」しているウサギのマイケルとの 交流を話します。ある日の朝、マイケルが家の中で姿を消し、名前を呼びながら探し回ります。ようやく見つけ、マイケルに向かって声を荒げた時、ふと一週間前に起きた出来事を思い出します。女性の幹部に、ささいなことで怒鳴られた女性のアシスタントの恐怖の表情が思い浮かび、それがマイケルの顔の表情とぴったり重なりました。マイケルは、やってはいけないことを教えてくれる私のかわいいメッセンジャーです、とTM今沢は話しました。

 
2番手の英語の準備スピーカーのTM大堀の演題は「Analog Game」です。急速に社会の各分野でデジタル化が進む昨今、アナログゲームが、脚光を浴びていることを伝えます。友人に連れられてボードゲームカフェに行ったところ30分待ちでした。駅やショッピングモールなどを建てて街をつくるゲームや赤と青のチームに分かれて行うものなど20種類を試みましたが、一番好きなのはDixItというゲーム。アナログゲームは楽しく、先日、午後1時から始め、気が付いたら午後10時までずっと続けていたこともありました。アナログゲームをやる機会があったら是非お勧めします、とTM大堀はアピールしました。

 

最初の日本語の準備スピーチはTM前田の「仕事をサボろう」。日本のホワイトカラー労働者の仕事に対する満足度と生産性が、先進国の中で低いのは、長時間労働のせいです。えらくなればなるほどもっと忙しくなり、ストレスがたまり、プレシャーも多くなる。みなさん、子供のころ親に「遊んでばかりいないで、将来のことを考えて勉強しなさい」と言われたことを覚えていますか?今、私は「将来のことを考えて、仕事ばかりしていないで真面目にさぼりましょう」とTMは、かねてからの持論を展開しました。

 

2人目の日本語準備スピーカーは、二十代の頃に着ていたというあでやかな着物姿で登場し、人は服装の配色によって違った印象を与えることができると語った橋本律子TMです。演題は「人生、いろ・いろ」。色の持つマジックとパワーを活用すると、自分自身を変え、人生を変えることもできることをプロジェクターによる写真や、自らの着物姿をビジュアルエイドにすることによって実証しました。服のコーディネート、インテリアの雰囲気など、色彩を効果的に使うと、ほんの少しでも人生を豊かにすることができますとTM橋本は説きました。

 

集合写真
入賞者発表
Best Speaker TM 橋本
Best Evaluator TM 丸山
Best Table Topic Speaker TM 中保
Best One Minute Speaker Distinguished Guest Aさん

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る