例会ブログ

第142回通常例会報告(2016/2/27)

向春とは言いつつ、まだまだ寒い2月27日、吉祥寺トーストマスターズクラブの第142回例会が開催されました。

 

094
通常とは異なる三鷹の武蔵野文化会館での開催でしたが、今回は遅刻者も少なく、平和なスタートを切ります。

 

まず最初に、四半期で最も熱くトーストマスターズの活動に取り組んだメンバーを表彰するEnthusiasum Awardが発表されました。
TM曹が中川会長から表彰のバナーを渡されます。

なんと39人の会員中で唯一、四半期で全例会に参加したとのこと。
これからも吉祥寺を盛り上げていってくれるでしょう。

 

 

本日の司会(Toast Master of the Day:TMOD)はTM橋本です。
まずはオープニングセッション、英語でのone minutes speechのお題は
「Please tell us your episodes about moving. / 引越しにまつわるエピソードを教えてください」

 

099

 

これから4月に向けて引越しが増える季節、参加者たちも懐かしそうに思い出を語っていました。

 

準備スピーチはまず英語から、最初のスピーカーはTM佐藤で「50 Thousand yen lessons Learned」
海外での手痛い失敗から得た教訓を臨場感たっぷりに話されていました。

 

103

 

続いてはTM Iによる初めてのスピーチ、Ice breakerです。

 

 

104
「That’s What I Do」というタイトルで、大工だったIさんが作られた
”トラディショナル”なリカちゃんハウスの思い出と、Iさんのお仕事を絡めたスピーチを披露してもらいました。

 

Ice breakerが続く今日のセッション、次はTM 白石によるスピーチ「My ‘Kaigo’ Life with English」です。

 

108
白石さんのご家族との生活、マレーシアのクアラルンプールでの暮らし、いろいろな苦労をユーモアに包んだ素晴らしいスピーチでした。

 

Iさんも白石さんも、お二人とも初めてとは思えない堂々としたスピーチです。

 

 

最後の準備スピーチは日本語でTM K。タイトルは「自律神経」
普段は意識することの無い神経の働きですが、それがわたし達に及ぼしている影響を
具体例を交えて教えてくれる、ためになるスピーチでした。

 

 

準備スピーチがすべて終わった後は、TM神澤による即興スピーチセッション、
今日のテーマは、こちらもやはり「引越し」。

 

112

 

神澤さん自身、最近引越ししたばかりとのことですが
荷造りの最中、手に取った品まつわる思い出話を即興で話すという構成です。

 

少々凝ったシチュエーションでしたが、指名されたスピーカーは
全員その場で組み立てたスピーチを、苦も無くスムーズに披露していました。

 

 

さてスピーチの部が終わったあとは、準備スピーチに対するフィードバックを送る論評の部が始まります。
今回は2人も初スピーチのメンバーがいましたが、論評も各自のレベルに合わせつつ
良いところと改善点を両方伝える、バランスの良いものでした。

 

 

最後は各セッションの最優秀者を選ぶ表彰の部です。
今回の受賞者は以下のとおりです。おめでとうございます!

One Minute Speech: TM中城
Table Topics: TM谷
Best Evaluator: TM大堀
Best Speaker: TM I

 

116

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る