例会ブログ

5周年記念例会報告(2015/7/11)

吉祥寺トーストマスタ ーズクラブは2010年に7/10に第1回例会を開催しました。その時から丸5年。ついに吉祥寺トーストマスターズクラブは5周年目を迎える事になりました。
本日の第126回例会は、その節目を記念して5周年記念例会となりました。

20150711_1
といっても特別に大げさなことをやるのではなく、バイリンガルクラブとしての原点に立ち返って英語スピーチ3本、日本語スピーチ2本、スピーカーもベテラン勢と、5周年記念例会のために、特別に参加して頂いた元会員の方まで、充実のラインナップとなりました。

 

5周年記念例会のTMOD(総合司会)を勤めて頂いたのは、吉祥寺トーストマスターズクラブの設立者でもある近江さんです。
5年という年月の重みを感じさせてくれる名司会ぶりでした。

017

 

スピーチトップバッターは、水野さんです。
スピーチのタイトルは、”crying for passage”。
水野さんの仕事を通しての成長や感情の揺れ動きが伝わってくるスピーチでした。

001
2番目のスピーカーはKさんです。
スピーチタイトルは”FIVE”。スピーチの内容はスライドを巧みに使用したユーモアがあふれつつも深い含蓄にあふれた興味深いスピーチでした。
「5周年」にひっかけたタイトルも見事でした。

 

3番目のスピーカーはベテランスピーカーの松本さんです。
スピーチのテーマは、”Anything is OK”。スピーチプロジェクトの”The Entertaining
Speech”にふさわしい、聴衆を心の底から楽しませるスピーチでした。

 

4番目からは日本語スピーチです。
吉祥寺の例会の参加されるのは1年以上ぶりの元会員のMさんです。
スピーチのタイトルは、「停滞の後に何が来る?」。今回、スピーチを引き受けるまでの裏話を披露されました。Mさん独特のゆったりとした語り口調に思わず引き込まれてしまうスピーチでした。

 

5周年記念例会のトリを飾るスピーカーは、こちらもベテランスピーカのFさんです。タイトルは「がんばらない」。社会で、「がんばる」事が求められる中で、「がんばらない」という選択肢もあるという事を話されました。

その後は橋本さんによる機知に富んだテーブルトピックス、論評の部、恒例の受賞者発表と続きました。

013028

◆本日の各賞受賞者
Best One Minute Speaker: ゲストSさん
Best Table Topic Speaker: TM 中保
Best Evaluator: TM T
Best Speaker: TM 小林

 

例会後にはゲストの方も一緒にミニパーティーを行いました。
その際に、吉祥寺トーストマスターズクラブの5周年をお祝いして特注のケーキが用意されました。

5th_Congrat

 

設立者の近江さんがろうそくの火を消しました。

 

吉祥寺トーストマスターズクラブでは、会員が率先して様々な企画を考え、実行していきます。今回の5周年記念例会の様々な企画も会員同士の協力で実現しました。

次の10周年にはどのようなクラブになっているのか非常に楽しみです。

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る