例会ブログ

第109回論評ワークショップ報告(2014/11/22)

11月22日、論評ワークショップを実施しました。

 

 

いつもの例会とは違い、論評に関するレクチャーを聴いた後、実際にスピーチを聞き、参加者全員を交え論評するというものです。
トーストマスターズクラブには先生がいないため、論評というフィードバックがスピーチ力を伸ばすうえで大変重要になります。そういった意味でも価値あるワークショップです。
今回は論評を中心にレポートします。
TMOD(Toast Master Of the Day)を引き受けてくださったのは、東京トーストマスターズクラブ他多数のクラブで活躍され、国際スピーチコンテスト世界大会に3度出場の実績をお持ちの田村直樹さん。

 

DSCF3222

 

最初に田村さんによるレクチャーをメンバー全員で聴きました。
スタンダードな論評の方法は、次のとおり。
1.General Perception
2.Objectives
3.Good Point
4.Improvement Point
5.Conclusion (Motivate)

それぞれの意義や効果を丁寧にご説明いただきました。

論評は批評ではなく、あくまでも個人の感想であるということを聴き、少し肩の力が抜けた感じがしました。
また、スピーカーそれぞれが目指している目標や目的があり、論評者は事前にスピーカーとしっかり話をしておくことが大切とのアドバイスはぜひ今後実践したいと思いました。
最後に「トーストマスターズクラブは失敗する場所」という言葉が印象的でした。

 

DSCF3223
さて、いよいよワークショップです。
準備スピーチを行い、参加者全員で5分間考え、論評者が発表し、さらに全員で意見交換し、最後に田村さんからコメントをいただくという形で進行していきます。

 

 

最初のスピーカーは高山さん。スピーチタイトルは「感じる、広がる、オノマトペ」。目標はCC#4表現方法です。

 

DSCF3224

 

病院で苦痛を訴えるシーンや宮澤賢治の「やまなし」、「のだめカンタービレ」の例を効果的に用い、無意識に使われているオノマトペの効果を再認識させる楽しいスピーチでした。

 

高山さんのスピーチに対する論評者は久保田さん。

 

DSCF3230

 

オノマトペの具体的な使い方に言及するともっとよかったのではないかとのフィードバックがありました。
田村さんからもオノマトペを使うことのベネフィットについて触れるとよかったのではと補足がありました。

 

 

2番目のスピーカーは前田さん。スピーチタイトルは「中野 アズ ナンバーワン」。目標はCC#8ビジュアルエイドです。

 

DSCF3232

 

中野に住む前田さんは、「住んでみてよかった街ナンバーワン」の中野をスライドプレゼンテーションを用いておもしろおかしく発表され、聴衆の笑いを誘っていました。

 

前田さんのスピーチに対する論評者は松本さん。

 

DSCF3233

 

スライドの文字サイズを大きくすることや主張を補強する写真を用いることなど、ビジュアルエイドの効果的活用について鋭く指摘されました。
田村さんからは、「この人がなぜこのスピーチをするのか=Credibility」に関するレクチャーがありました。
また、論評者がスピーカーをモチベートする重要性についても補足いただきました。

 

 

The third speaker was TM Nakayasu. The title was “Be Yourself”. The objectives was for CC#10 Inspire Your Audience.

 

DSCF3239

 

This speech was a memorable one and a milestone for TM Nakayasu.
He quoted several message from TM Lance Miller and his grampa and delivered strong message that we should live by our own values.

 

The evaluator for TM Nakayasu was TM Mizuno.

 

DSCF3242

 

She advised him that he should have shared his valuable experiences in TMC more with the audience.

 

 

このあと日本語で意見交換を行い、田村さんからは「memorize」と「internalize」の違いについてレクチャーいただきました。
スピーチの途中で詰まってしまったりするのは、内容を記憶しているからで、これを内面に取り込むことで真のメッセージになるというお話でした。

 

DSCF3227

 

実際にスピーチを聴いて論評してみることで、レクチャーいただいた内容がしっくり実感でき、非常に有効なワークショップとなりました。今後もクラブ全体の論評スキルを磨き、協力してスピーチの質を向上させていきたいと思いました。
田村さん、ありがとうございました!

 

本日の受賞者は以下のとおりです。

 

DSCF3244

 

Best Evaluator:久保田さん
Best Speaker:高山さん

 

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る