例会ブログ

第214回通常例会報告(2019/2/9)(英語)


前日に「大雪に警戒」の気象情報が出たために開催判断を要する状況でしたが、当日は何の心配もなく、谷会長の開会宣言でにこやかにスタート!

TODの近江さん、最近ご家族で訪れた草津熱帯園で出会ったかわいいカピバラの兄弟のお誕生日がご自身と同じだったということで、全員で「Happy Birthday to You」を歌ってプログラムが始まりました。
そして、これにちなんでスピーチの冒頭の合言葉が「Happy Birthday Capybara Brothers & Keith」と決まりました。このフレーズを出せば笑いがとれるという効果をみんなで楽しむことができました。


今日の言葉は「ROOM」です。「部屋」だけでなく、何かをやる「機会」という意味でも使えることが紹介されました。


役割担当の説明の後、いよいよスピーチの開始です。計時係の神澤さん、「素敵なヘアスタイル!」と思ったら終了後結婚式だそうで納得。

1分間スピーチのお題は「生涯続けたい趣味について」です。
さすがにみなさん、自分が入れ込んでいることに熱が入ります。趣味のテーマは、「トーストマスターズクラブの活動」「音楽(ドラム)」「音楽(ギター)」「ウサギ」「お酒」「謡い」「インドアクライミング」「コーヒー」と多彩でした。閉会後のお茶会では、コーヒーがご趣味の中保さんご持参の最高級品種「ゲイシャ」を美味しくいただきました。

準備スピーチ、今回は以前のスピーチテーマに再チャレンジする方が多く見受けられました。


トップバッターはAさんです。ベートーベンの「運命」のメロディーから始まり、ご自身の転職活動経験を通じて、自分の運命に気付き、それに素直に従うことの大切さをお話いただきました。

続く小西さんは、最近学んだファシリテーションのコンセプトについてのお話です。料理と同じで、良い素材をいい結果に導くスキルであること、パイロット、医者、カウンセラーに通じるもの、という説明がとても分かりやすかったです。

次の木村さんは、「貴方が…だったら、何をしますか?」という大胆な問いかけから、自分にできること、すべきことに気付く大切さを熱っぽく語っていただきました。

トリは丸山さんから「Question and answer」というPathwaysのプログラムをご紹介いただき、全員、初体験でチャレンジしました。スピーチをする際の「記憶」の大切さについて丸山さんからレクチャーがあったあと、それに対して質問する練習です。キング牧師の有名な「私には夢がある・・・」の20分の演説の背後には200回、70時間以上におよぶ練習があったと聴き、感銘を受けました。質疑応答は、コミュニケーションスキルをアップするためにとても効果的なプログラムだな、と実感しました。


総合論評は猿渡さんです。「カピバラ大好き!」のジョークから始まり、それぞれの論評者の素晴らしい点について、みごとに整理されたスピーチで、勉強になりました。

松本さん、今沢さん、水野さん、高山さんから、それぞれポイントを突いて、しかも温かみのある論評がありました。

ゲストの皆さんからは、「吉祥寺はスゴイと聞いてきたが、来てみたら本当に素晴らしい」とうれしいコメントもいただけました。
このブログを書いている私は入会してちょうど1年目になります。最初は緊張の連続でしたが、最近は例会がとても楽しいひとときになりました。楽しいだけでなく、今回もみなさんからたくさんのエネルギーでモチベーションアップし、寒さもふっとぶような心地よい温もりを感じながら帰路につきました。

本日の各賞受賞者は次の通りです。

Best one minute Speaker: TM Nakayasu

Best evaluator: TM Mizuno

Best Speaker: TM Maruyama

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る