例会ブログ

第198回通常例会報告(2018/05/26)

今日の会場は、いつもと違う「武蔵野プレイス」。JR武蔵境駅南口の目の前です。

まだ新しく、大きな窓からたくさんの緑が見える会議室で、例会スタートです。

今日の参加者はメンバー23名とゲスト5名。ゲストのうち2名はお父さんとその娘さんです。微笑ましい!

 

会長の水野さんの開会で始まり、例会運営のための役割説明が行われます。「今日の言葉」は「清々しい/fresh, refreshing」で、会場の雰囲気にぴったりです。

 

TMOD(司会)は木村さんです。もう3回目なので余裕がありますね。

 

最初のアジェンダは「One Minute Speech」。お題は「あなたに起こった出来事の中で、最も面白かったことを教えてください。What do you have the funniest thing that has ever happened to you?」。予め共有されたお題を英語で答えます。

 

 

 

8名の方がそれぞれのおもしろ体験談を紹介してくれました。橋本さんの「普段家事をしないお父さんが電気ポットを火にかけちゃった事件」にはみんな驚きでした。

 

 

 

次は「テーブルトピックス」です。今日のテーブルトピックスマスターはAさん。「情報」をキーワードにメンバーに質問を投げかけ、メンバーはその場でその質問に答えていきます。

情報の取り方、発信の仕方、本の選び方、スマホやテレビとの付き合い方などをテーマに皆さんの意見を聞くことができました。「情報の取り方」について、丸山さんは「嗅覚鋭く、アンテナを張る、誰とでも仲良く、自己主張しない」など、約40年のジャーナリスト生活で得た教 訓を反省を込めて教えて頂きました。

 

 

 

次は「準備スピーチ」です。今日は英語1つ、日本語1つでした。

 

最初の英語スピーカーは猿渡さん。タイトルは「Naughty Boy」。「日頃から人を楽しませること、喜ばせることができるものは何かと考えている、それが私のスタイルです。」という力強いメッセージを持ったスピーチでした。そのスタイルは、猿渡さんのスピーチや日常の会話にも表れていますよ。一方で、奥様には「私の話をいつも上の空で聞いている」と注意されているとのこと。これからも「It’s my style!」で押し切る??

 

 

次の日本語スピーカーはHさん。タイトルは「期待される役割を超えて」。冒頭、「最近、いろいろ事情があってカウンセリングを受けてきました。」で始まったスピーチで、聴衆の関心を一気に引きました。期待されるとそれに応えなければならない性格で、これまで様々な役割を果し、時に演じてきたとのこと。でも、「吉祥寺トーストマスターズには誰かに期待されて入会したわけではない。自分がこうしたいという方向に情熱を持って進んでいきたい。」というメッセージが印象的でした。

 

休憩をはさんで論評セッションです。今日の2名のスピーチに対し、ハッピー丸山さんと桑原さんが良い点・改善点についてそれぞれ個性的な論評をして頂 きました。総合論評は、近江さん

 

 

今日の受賞者は以下のとおり。

・Best One Minute Speaker :橋本律子さん

・Best table Topics:丸山さん

・Best Evaluator:桑原さん

・Best Speaker:猿渡さん

(ブロガー:TM小林直樹)

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る