例会ブログ

ほら話 クラブコンテスト 2017(2017/8/26)

8月26日(土)、当クラブのほら話コンテスト2017が武蔵野公会堂で開催されました。

会長水野より例会スタート。ゲスト紹介から始まりました。

 

今回、日本語の部でコンテスト委員長を務めたのはTM今沢です。

 

 

日本語コンテストに挑んだメンバーは総勢7名!
7名の個性あふれる奇想天外な!?ほら話に会場は笑いに包まれました。

まず、トップバッターは、TM水野。
スピーチタイトルは、「世界の貧困を救うには」
見知らぬ老人から一本の苗木を受け取ったところから始まったストーリー。
本人の欲望!?も見え隠れする面白いスピーチでした。

 

 

2番目のスピーカー TM木村「あなたの生活に必要なもの」
くしゃみマイスターのTM木村。
我々はセミナーの参加者としてTM木村のスピーチを楽しみました。

 

 

3番目のスピーカー TM谷「ひと夏の思い出」
聴衆にとって、ひと夏だけに終わらない記憶に残るスピーチでした!

 

 

4番目のスピーカーはTM近江「女王様と私」
ファンタジーに溢れるお話しでした!

 

 

5番目のスピーカーはTM小林「近所の回転ずし」
現実とほら話の融合。会場が笑いに包まれました。

 

 

6番目のスピーカーはTM玉ノ井「湧き上がる美の秘訣」
入会して本当に2か月!?という疑問が湧きあがる発想とスピーチデリバリーでした。

 

 

7番目のスピーカーはTM中川「いーち、にーの」
もしも時間を止めることができるのなら…。様々な共感を得るシチュエーションで
笑いが頻発していました。

 

 

審査中のインタビューセッションを担当したのは、TM橋本(悠)、
インタビューもほらに富んだ内容で更に盛り上がりました!

 

 

ほら話の英語コンテストは、審査員委員長のTM山寺が、安倍首相からコンテスト開始の許可を取ってくださったおかげで無事開始されました。

 

 

今回は5名の参加メンバーが、個性あふれるスピーチで聴衆を不思議な世界にいざなってくださいました。

最初のスピーカーであるTM猿渡のスピーチ「Wanted! Peach Boy」は、なんと昔話のある主人公に関する衝撃の暴露話でした。昔話を見る目が変わります。

 

 

2人目のスピーカーTM近江は、「The Queen and I」というスピーチで、ファンタジックで心温まる世界を展開されました。素敵なダンスと歌を披露するという、多才なTM近江の一面も光っていました。

 

3人目はTM水野。皆さんにおなじみのキャラクターが住む世界が抱える問題を浮き彫りにした、あっと驚く「Charactors’ World」というスピーチでした。キャラクターたちも、見えないところで苦労しているんですね。

 

4人目のTM中川は、私を含むトーストマスターズメンバーが欲しがるような井戸の話「Well of Speech」をしてくださいました。そんな井戸を手に入れたいという方は、今ですと、もれなく南極に行かなくてはならないようです。

 

最後のスピーカーTM谷は、最近スピーチをする日本の政治家が半減した理由をスピーチ「A Flash News」で語ってくださいました。その理由に「なるほど!」と多くの聴衆が苦笑しました。

 

 

スピーチ後のTM加藤によるインタビューでは、次々と飛び出す「ほら的」な回答に笑いが巻き起こり、会場は大いに盛り上がりました。

 

 

日本語コンテストは以下の方が入賞されました。
おめでとうございます!!

1位 TM谷
2位 TM近江
3位 TM小林

 

 

以下が英語の部の受賞者です。おめでとうございます!

1位 猿渡 純郎さん

2位 水野 希更さん

3位 近江 喜一郎さん

 

各上位の2名は9月16日(土)に行われるエリア23コンテストに駒を進めます。
メンバー一同応援しております!

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る