例会ブログ

第188回通常例会報告(2017/12/09)

本日も会長水野の開会挨拶からスタートしました!

 

本日の例会はワークショップ(以下WS)「スピーチクラフト(スピーチの作り方)」です。

講師は、田村直樹さん。田村さんは、ディストリクト76(日本大会)にて過去に3度優勝され、世界大会でも3位入賞の実績もある方で、吉祥寺クラブは3年ほど前にもWSを実施いただいています。田村さんがWSをするということで、他クラブから駆け付けたトーストメンバーも含めゲストは8名!開始前から熱気に溢れていました。

 

総合司会(TMOD)を務めたのはTM谷(教育担当)。

役割はWSのため3名のみ。タイマー、スナックマスター、ブロガー、と役割紹介が続きます。そして、いよいよ田村さんの登場!

 

 

最初に、コーチングセッションと題し、2つの準備スピーチを聞くことから始まりました。

本日のWSが「スピーチクラフト(スピーチの作り方)」であることから、聴衆は「ストラクチャー(構成)」に注目して聞きます。

一つ目の準備スピーチ(英語)はTM松本。スピーチタイトルは「Stand By」

 

 

続いて、日本語のスピーチはTM橋本。スピーチタイトルは「タイムマシン」

 

 

スピーチの後、お二人のスピーチの「ストラクチャー(構成)」について、コメントをシェアしました。またこの段階では、構成とは!?と、もやもや・・とした、感じで進みます。

続いて、田村さんオリジナルのSpeech Structure(Step1~7までのスピーチの構成)シートが配布され、後半へ移りました。

 

 

 

 

・構成とは何か?

・より良いスピーチのためにどんな構成要素が必要か?

・どのように要素が作られていったら良いか

 

基本的な構成「Opening(Setup)-Body(Story)-Ending(Message)」に松本さんのスピーチを落とし込みながら検証します。検証を進めながら、オープニングの重要性、最初の30秒の使い方(フックをかける)の重要性についても話されました。

 

さらに、会場からもどのように構成を捉えたのかコメントを聞いていきます。

聴衆それぞれの捉え方を共有し、構成から出てくる課題について話していく内に、最終的にこのスピーチが「オープニング、ボディ(エピソード1と2)(コントラスト)、エンディング」という構成であることが導き出され、キーとなるフレーズの繰り返しの大切さも学びました。

 

次に、橋本さんのスピーチ構成について振り返りました。

スピーチで伝えたいこと、本質を分かってもらうためには、物語として語られた方がよりインパクトを残すのではないか、という田村さんの指摘。解説(考え方)と共有だけで終わらず、今回のスピーチで言うと、どのようにしてこの考え方を手に入れたのか、追体験できるとよりインパクトが増すということ。「DOINGとBEING」の重要性について学びました。

やっていることの共有(DOING)でなく、聴衆が追体験する方(BEING)がインパクトが大きいのではないか、ということです。

 

ここから「よりよいスピーチを作るにはどの要素が必要か、どのように組み立てるのか、について」です。

 

まずは、田村さんのスピーチ、「ピンチヒッター」を鑑賞。

 

Iceberg Theoryの解説の後、田村さんのスピーチの解説をしつつも、それぞれ事前課題で用意してきたことを田村さんオリジナルのスピーチ構成シートに実際に落とし込んでいきます。Step5 Finish Line (Climax)の持つ意味合いについてもアポロ13のClimaxを参考に説明されました。

 

今回のWSで一つのスピーチの大枠が出来上がった方も多かったのではないでしょうか?

 

最後に、聴衆の一人として、WSの中での田村さんの言葉を記しておきます。

「ストーリーテリング(エモーショナルインパクト)を与えることによってスピーカーに共感し、一緒に追体験しながら一緒に問題解決を考え、一緒に不幸な境遇を味わい、揶揄され、一緒になってビクトリーを分かち合う、ということを一緒になって体験することによってどんなメッセージでも受け入れてくれるのではないか」というのが田村さんの理論だそうです。

 

 

講師の田村さん、そしてこの日のために田村さんと綿密な打ち合わせを重ねたTMOD谷(教育担当)さん、改めて、素晴らしいお時間をありがとうございました!来年のクラブ内スピーチコンテストに向けてそれぞれ頑張っていきましょう!

ブロガー:今沢

 

 

カテゴリー: 例会報告 パーマリンク

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る