例会記録

第186回通常例会報告(2017/11/11)

ほっこりするような秋晴れの午後、三鷹駅から徒歩15分のサブ会場武蔵野市民文化会館で通常例会が開催されました。
冒頭、水野会長から、まずEnthusiasm Awardの発表がありました。四半期に一度、最も熱心に活動したメンバーを讃える吉祥寺TMCオリジナルの賞です。今回はTM猿渡が受賞しました。PR担当として、また代表コンテスタントとして大活躍の3ヶ月でした。
次に、秋期大会でワークショップやカフェの運営に大活躍だった吉祥寺クラブメンバーに対して感謝の意が表されました。

 

 

Then, TM Mizuno took a control to TM Imazawa who was the master of the meeting today.
In the beginning of the meeting, TM Imazawa gave her pledge not to use filler words like ah in the meeting.

 

Every meeting has a “Word of the day”. Members try to use the word as much as possible. TM Akinari provided the word, “veteran”.  It can be used as an adjective. It means skillful or experienced. Kichijoji TMC has various veteran members.

 

 

We always have one minute Engilish speech session in the beginning of the regular meeting.
TM Imazawa announced the topic in advance.
“Tell us about your most enjoyable memory on a sunny day in Autumn.”
Ride around the lake, outdoor potato stew, walking along the canal, cheering for colleagues in a regatta race, hiking with families and so forth.
Most of members shared their memories one after another. One of the members had a negative memory to make an effort for an athletic meet and made it a humorous speech.

 

 

Next we moved on to the Table Topics session.
TM Ohmi, the table topics master led the session. He showed some pictures of the TMC world speech contest champions. With introducing each speech title, TM Ohmi gave questions related the titles to the respondents.

 

“What was your turning point in your life?”
“What do you want to start from now on?”
“Please tell us your rival in Kichijoji club.”
All speakers worked their brains at full blast and made unique speeches impromptu.

 

 

After that, we had 3 English prepared speeches today.

The first speaker was TM A. His speech title was “This is Ice breaking”.
All members expected that he will make a speech to introduce himself. But, it was better than our expectation.
He showed one of research results that the worst attractive prefecture is Ibaraki as known as “Natto prefecture”.
He really loves Ibaraki because it is his hometown.
He appealed Ibaraki to point out 3 evolutional uniqueness. He predicted that “Imo girls” will become a fad in the next.
Also, he recommended young guys to visit horror landmarks in Ibaraki, because it will lead them to get married according to his formura.
Then, he emphasized the importance of “Yankee culture”. Yankee means naughty boys in a rural erea. Do you believe that 60% of citizens are a yankee or an ex-yankee?
I have never seen more hilarious and persuasive ice breaker speech than it.

 

 

The second speaker was TM “Happy” Maruyama. The club already has TM Maruyama, so he introduce himself “Happy” Maruyama.
He also made an ice breaker speech whose title was “I live to 130 years old”.
He started to introduce his current job in the opening. Then, he moved on to his life story. Those experiences made him notice that contribution to the others is exactly value of life.
Now, he is getting happy and enjoys his life. In the end of his speech, he asked the audiences “Why don’t you enjoy to live till 130 years old?”
The speech made the mood in the room happier than earlier.

 

 

The third speaker was TM “Original(LOL)” Maruyama.
He made an educational speech based on the manual for the advanced speakers. The speech title was “Evaluate to Motivate”.
He started his speech to ask a question, “Are you fond of evaluating others’ speech?” Against his expectation, some of members answered they like to make an evaluation speech.
He used to be a journalist and explained 5W1H thinking way known as a worldwide formula for journalists.
He said that an evaluator doesn’t need to listen to all part of a speech. He gave us a proposal to lead the speaker to the evaluator’s field. It must be useful technique to avoid confusion.
In the end of his speech, he pointed out “cliches”, typical and meaningless words such as “Congrats on your completion …” or “I’m looking forward to …”.
It might have set a bar higher for the evaluators who were about to make an evaluation speech.

 

 

After 10 minute break, we had an evaluation session.
Toastmasters clubs have no tutors. Instead of that, all of members can be an evaluator and give helpful and motivating feedback to speakers.
TM Sawatari, TM Shiraishi and TM F made an evaluation speech.   All of them evaluated structure of the speech, delivery skills and effect on the audience in an analytical way.
Thanks to TM Maruyama’s suggestion, all evaluators looked sharp and shrewd.

 

 

例会の最後には、ハッピィ丸山さんの入会式を行い、吉祥寺トーストマスターズクラブ恒例の全員での握手会を行いました。

 

本日の各セッションでのベストスピーカーは以下の通りです。

Best One Minute Speaker: TM Mizuno
Best Table Topics Speaker: TM Nakagawa
Best Evaluator: TM F
Best Speaker: TM A

 

なお、会長のTM水野から前期会長のTM高山へ「President’s Distinguished Club Award」が、ディストリクト役員のTM中保から前期エリアディレクターのTM中川へ「Distinguished Area Director Award」が授与されました。
「President’s Distinguished Club Award」はクラブ運営の質が高いクラブに国際本部から送られる最優秀賞で、吉祥寺TMCはこれで5年連続の受賞となります。安定した評価を得られるのは、メンバーそれぞれの日々の努力と学ぶことを楽しもうとする前向きな気持ちの賜物だと思います。

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第185回通常例会報告(2017/10/28)

10月28日に武蔵野公会堂で開催された通常例会の写真を掲載します。吉祥寺トーストマスターズクラブの雰囲気をご覧ください。

 

会長による開会コール

 

TMOD小林さん

 

 

テーブルトピックスマスター TM土井さん

 

 

スピーチシーンの数々

 

論評セッション

 

 

 

カテゴリー: 例会報告 |

第184回英語例会報告(2017/10/14)

We had the 184th regular meeting on Saturday, October 14th 2017 at Musasino City Culture Hall.  The second Saturday is English speech day.  We enjoyed One minute speech session, Table Topics session, Prepared Speech session and Evaluation session as follows.

 

さあ、今日も始まりました通常例会。まずはTM小林の大健闘のうちに、締めくくられた今年の秋のディビジョンコンテストの結果報告から。

 

そして、本日のTMOD、TM猿渡登場です!事前に周到に準備されていたプログラム、当日のメンバーの都合に合わせ、臨機応変に対応しながら進行していきます。

 

語彙を豊かにするための今日の言葉は、「Sacred/神聖な」。積極的に使用していくメンバーが多く見られました。

 

 

そして、役割説明、English One minute Speechから。

 

今回のタイトルは、「If you will give a title to autumn in this year, what title will you give?And, please tell us the reason why you gave it too.」です。

 

読書や運動の秋にとどまらず、たくさんの秋の楽しみ方があるようですね。たくさんのメンバーが手を上げて今年の秋のタイトルを英語で発表しました。

 

 

続いて、英語テーブルトピックスのセッションです。テーブルトピックスは、その場で振られたお題に即興スピーチにて回答します。

 

今回はTM高山がお題を発表します。お題はずばり、「PR大使」!あなたが〇〇大使になったつもりで宣伝してくださいというもの。指名されたメンバーがご当地だったり、食べ物だったり、魅力を次々と発表していきます。

 

 

次のセッションは、準備スピーチです。ここでは、約1ヶ月前にアサインされたメンバーが5分程度のスピーチを行います。

 

最初は、TM木村の英語スピーチ。

難解なアートの楽しみ方を伝授。日常でも取り入れやすそうなコツを紹介した、アーティスティックなTM木村らしいスピーチでした。

 

 

2番目の英語スピーカーは、TM安部。今回が初めての準備スピーチです。

自身の幼少期から、現在に至るまでの変遷を紹介し、TM安部の前向きな人柄がわかるアイスブレーキングスピーチを行いました。終始笑顔で語る姿が印象的でした。

 

 

3番目からは日本語スピーチを行います。スピーカーは、トーストマスターKさん。

「残された時間」という強烈なタイトルの下、データにも続く冷静な分析によるスピーチが行われました。自分の残りの自由な時間の使い方を考えさせられる、鮮烈なスピーチでした。

 

 

4番目は、TM神澤によるスピーチ。

「だろう運転」から「かもしれない運転」へ意識の変革を促すスピーチ。 スライドを利用しながら、視覚的に訴えます。体験ストーリーも盛り込みながら、論理的に構成されたスピーチに感じました。

 

 

休憩を挟んで、次は論評のセッション。

スピーカーに対して、論評者が、それぞれフィードバックを行うセッションです。自分はどう思ったか、どうしたらもっと良くなると思うか紹介していきます。それから文法係やあーうーを数える係が丁寧に報告しました。

 

 

例会の最後には、ビデオカメラ購入の動議が可決し、新しいビデオカメラで躍動感あふれるメンバーを録画できそうです!サンキューTM猿渡(PR担当)!

 

Best One Minute Speaker : TM Takayama

Best Table Topic Speaker : TM Aさん

Best Evaluator : TM Shiraisi

Best Speaker : TM Kさん

 

カテゴリー: 例会報告 |

第183回爆笑逆順合同例会報告(2017/9/30)

今回は合同例会、それも逆順例会という普段とは違う内容ということで、会場はいつもにも増して賑わっています。

 

逆順例会では、お知らせのセクションを除いて、進行の全てを逆さ向きに行います。ですから、通常であれば後から聞くことになる「論評・フィードバック」を先に知ることになり、そのフィードバックに沿ったスピーチや説明をしなければならないという負荷が加わります。参加者はフィードバックを聞き逃すまいと真剣顔です。

 

 

というわけで、いきなりフィナーレ!の表彰式。

 

 

このあたりまでは(?)総合論評担当者にも余裕の笑顔が見られました。

 

 

続いて、「まだ行われていない」スピーチの論評。

準備スピーカーは、真剣にメモをとって「注文たっぷり」な論評を聞いています。論評の内容をいかにスピーチに反映させるか、頭は120%フル回転です。

 

 

テーブルトピックスのセッションでは、動揺や混乱ぶりを表情に滲ませながら話すスピーカーも多くあり、会場は笑いの連続でした。

 

 

役割を終えた担当者は、達成感に包まれ満面の笑顔です!

 

 

逆順にも動じない、堂々の即興スピーチを披露するベテランスピーカー。

 

 

ボディーランゲージの練習ともいえるでしょうか、「麺類をすする」という課題に、羞恥心を乗り越え果敢にチャレンジ!

 

 

今回の例会で、おそらく一番たくさんの課題を手に壇上に上がった準備スピーカー。会場中を駆け巡る奮闘ぶりに笑いが炸裂です。

 

 

役割説明は、しばし笑いを忘れてしっかりと説明。

 

 

英語セッションでも、逆順の面白さをさらに引き出そうと、ノートを手に論評が行われました。

 

 

英語、即興、そして逆順という三重苦を背負いつつも、華麗なるスピーチが続きます。

 

 

逆順に頭が混乱して、時には苦笑いもこぼれます。

 

 

スピーチしている内容の支離滅裂さや強引さに、スピーカー自身がつい笑ってしまうシーンも。

 

 

ノーベル賞授賞式を想定した真面目なスピーチも、逆順だとこうなるんですね!

 

 

爆笑と苦笑の連続だった例会は、聞く力はもちろんのこと、瞬発力や想像力などスピーチに必要とされる技能が学べる収穫の多い例会になりました。次回も楽しみです。

 

カテゴリー: 例会報告 |

第182回通常例会報告(2017/9/23)

 すっかり秋めいてきましたね。曇り空の武蔵野を急ぎ歩いて会場に着くと、ちょうど役割説明の真っ最中(遅刻してすみません…)。9月23日、吉祥寺トーストマスターズクラブの第182回例会が、武蔵野文化会館にて行われました。

 

今日のtoastmasters of the dayはTM谷です。会長のTM水野がお休みのため、開会の宣言も執り行いました。新入会員を迎えての入会式もあり、フレッシュな仲間がまた増えました! 嬉しいですね。TM谷のベテランらしい、リラックスした進行で例会のはじまり、はじまり。


 

Then we moved on to 1minute speech session.

Today’s topic is “Is there anything you have left undone this summer?

There were variety of answers from members. Fireworks,musicals, swimming, wearing Yukata, organizing attic, etc. Do you have anything backlogged to do this rainy summer?

 

Next is time for prepared speech.

TM Adachi, coming on the stage elegantly, started giving her speech. The title is ” Chambara”

Unexpected side of TM Adachi truly attracted the audience at the beginning of the speech. I guess some people were aching to do Chanbara to listen to it. Definitely I am one of them!


 

続いては日本語の準備スピーチです。

TM今沢による「私のTOEICテキスト活用法」

分りやすいストーリー構成で、実演も含んだ活用法の紹介でした。実践的な方法が満載で、直ぐにでも英語の勉強に取り入れられますね! シャドウイング、私も頑張ります。

 

TM加藤のスピーチタイトルは「あなたの味はどんな味?」

家庭でも職場でも、自分を出すのって難しいですよね。ただ環境がどんなに変化しても、自分であることに忠実でいたいものだと思わせてくれたスピーチでした。そしてもう1つ、自分で出来ない仕事はどんどん人に振ろう!

 

 

休憩後はテーブルトピックの時間です。トピックマスターはTM橋本律。

今日はちょっとハードルが高いかなぁと思いきや、当てられたメンバーは易々と話出して(いるように見えて)びっくり。これも日頃の積み重ねですね。

 

 

論評のパートも吉祥寺クラブらしく、それぞれに個性が出ていました。

総合論評TM神澤も、きめ細やかなフィードバックでした。例会の振り返りのみではなく、会場を間違えないようにと気づかう注意喚起のメールにも言及するなど、さすがです。

 

 

TM Adachiのスピーチに対しての論評は、TM Takayamaです。スピーチ目標に沿ったボディランゲージを評価しつつ、Chambara体験前後の心境変化を加えると一層良いなど、ベテランらしいフィードバックでした。

 

 

TM今沢にはTM橋本悠の論評です。柔らかな口調でロジカルな展開。情報を削ってフォーカスポイントを明確にする、スピーカー自身の話題をもっと掘り下げるなど、有用なアドバイスが満載でした。

 

 

そしてTM加藤にはTM大槻の論評が待っています。そうか~、聴衆が気づかなければ手にメモを書いても良いのね。いつもながらに味わい深い論評でした。TM加藤へのお餞別も温かい人柄が表れていましたね。

 

 

そして、土井さん、秋成さんによる役割報告です。

 

 

本日の入賞者

Bedt 1minute speeker: TM Watanabe

Best Table topic speeker: TM 安部

Best speeker: TM Adachi

Best evaluator: TM Takayama

 

 

吉祥寺恒例のお茶会の時間はには、TM丸山による世界大会の報告がありました。トーストマスターズは世界的な組織なんだなぁと再確認。来年のシカゴ大会は行ってみたいものです。丸山さん、楽しい報告をありがとうございました。

 

カテゴリー: 例会報告 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る