例会記録

第176回通常例会報告(2017/7/08)

第176回通常例会報告(2017/07/08)

7月8日、吉祥寺トーストマスターズクラブ第176回例会が武蔵野公会堂で行われ、
今期初めてのこの例会は、新会長に就任した水野の開会挨拶からはじまりました!

今回、総合司会(TMOD)を務めたのはTM安達です。
初めてのTMODにも関わらず落ち着いた進行、滑らかな英語でスムースに例会を進めます。

 

TMOD TM Adachi

 

今日の言葉の担当するのはTM谷。今日の言葉は”Eding”、「最先端の」です。

 

TM Tani

 

まずはウォーミングアップのOne Minute Speech Sessionです。
今回のお題は、”Do you have any fun summer plan this year?”
ゲストの方3名も積極的に参加され、大いに盛り上がりました!

 

次は、TM.Mによるテーブルトピックス(英語)です。
テーブルトピックスは、即興スピーチであり、事前に話す内容を用意することができません。
今日は、最近話題の人、藤井聡太四段(14歳)に関するものから出題されました。
「あなたが14歳の頃どんなでしたか」「あなたにとっての勝負飯は何ですか?」等々、
指名されたメンバーは、堂々とスピーチを行いました。

 

 

さて、いよいよ準備スピーチのセッションです。
英語のスピーチのトップバッターはTM橋本。
アドバンスマニュアル、Story Tellingのプロジェクト#1、The Folk Tale。
スピーチタイトルは「Mujina」
TM橋本は浴衣を纏い、この季節にぴったりの怪談をはじめました。
聴衆は、寄席を見に行っていると錯覚するほどの、ボーカルバラエティ豊かなエンターテイメント溢れる、スピーチでした。

 

TM N. Hashimoto

 

続いての英語スピーチはTM 山寺。プロジェクトはCCマニュアル#1のアイスブレーカーです。
スピーチタイトルは、”When should I do it? Right Now!”
仕事で落ち込んだ日々から映画をきっかけに目覚め、一歩踏み出したTM山寺。
自分のやりたいことへ一歩踏み出そう、それは今だ!という力強いメッセージで締めくくりました。
入会後の初めてのスピーチである、アイスブレーカーとは思えない、スピーチ構成、ステージ使い、ボディーランゲージ。
今後どのようなスピーカーに成長していくのか非常に楽しみです。

 

TM Yamadera

 

次は、日本語の準備スピーチです。
TM水野のスピーチはプロジェクト#4表現方法。スピーチタイトルは「コハダ」
コハダと自身を取り巻く環境と対応方法を上手く重ね合わせた絶妙な表現。聴衆を唸らせるメッセージ性の高いスピーチでした。

 

President

 

4番目のスピーカーは、TM木村。プロジェクト#2 スピーチの構成。スピーチタイトルは「この手で生きていく」
以前は身体の上から下まで、特に「手」に対してコンプレックスを持っていたTM木村が、人との出会いや気づきによって考え方が変わったという。
様々な視点から見ることによりコンプレックスは、むしろ強みにも捉えられることに気づいた、という彼女自身のストーリー。
この手で生きていく、聴衆を前向きにさせるスピーチでした。

 

TM Kimura

 

いよいよ論評の部です。
本日の準備スピーチは、どのスピーカーも完成度の高いスピーチでした。
完成度が高いスピーチとは言えども、論評者陣は、更にスピーチをよくするための的確なアドバイスを行いました。
既に今日のプロジェクトの目標を達成しているスピーカーに対しては、次のステップへのアドバイスをする論評もあり、非常に有意義な論評セッションとなりました。

 

Evaluations

 

例会後には見学者2名から入会を前向きに見当している表明がありました!
今期、幸先の良いスタートです!!

本日の表彰は以下の方々です。おめでとうございます!

最優秀スピーカー: TM 木村
最優秀論評者: TM F
最優秀1分間スピーカー: TM 中保
最優秀テーブルトピックススピーカー: TM F

 

Award presentation

カテゴリー: 例会報告 |

第175回通常例会報告(2017/6/24)

期待と緊張が入り混じる静寂の瞬間に続き、例会はオンタイムでスタートしました。


高山会長の挨拶

スタートは新しいメンバーを迎えるための入会式。多くの参加者が宣言と握手で歓迎です。

 本日の司会Toastmater of the DayはTM橋本律子。

TMOD橋本「今日の目標」

参加者への挨拶に続いて、ご自身で設定された今日の目標をシェアーしていただきました。毎回の役割を大切にして、TMでの学びを最大限にしようという意気込みが伝わります。

 

Today's word by TM Mellisa

「今日の言葉」は、「Humongous」「巨大」。

多くの人が初めて聞く単語だったようで、意味を調べたり、発音してみたり、使うための準備は万全です。

 

役割説明は、新しいメンバーの方も多いこともあり、丁寧な説明がなされていました。

 

続いて英語セッションのOne minute speech

お題は、「Please talk about your memories of rain」。

小さい頃の大切な思い出や、学校へ通っていた頃の日々について語るメンバーが多くありました。

鬱陶しい梅雨も、楽しいエピソードを思い出すきっかけになるといいものですね。

 

 

準備スピーチは5名。

自己紹介にあたるアイスブレーカースピーチが3本もあり、いつにもまして期待が膨らみます。

一人目のスピーカーは、TM山下。タイトルは「Things which I will do next」。

学生の頃からアウトドアー活動を多くされてきたそうですが、先日行かれた登山では、下山時間が計画よりかなり遅くなってしまったとか。今の自分をよく見つめながら毎日を充実させたいと希望を語られました。

 

Ice breaking speech by TM Yamashita

二人目のスピーカーはTM高山。タイトルは「Gardeners」。

授与式を想定したスピーチでしたが、タイトルからは全く予想のつかない内容でした。

上級スピーチにふさわしく、各受賞者の功績を適切な言葉で褒めたたえ、思いやりと緊張感のバランスもよくとれた完成度の高いスピーチを披露されました。

 

AC Special Occasion speeches #4 by TM Takayama

三人目のスピーカーはTM物井。タイトルは「たまの汗」。

どちらかというと物静かな印象を持つスピーカーですが、その口から語られた経験談は汗にまみれた日々の連続。そのどれもが清々しい汗とあって、「ああいう汗ならかいても悪くないかもな」と聴衆に思ってもらえたことでしょう。

 

アイスブレーカー TM物井 「たまの汗」

四人目のスピーカーはTM隈部。タイトルは「好きを見つける」。

これまでの人生で楽しんできた趣味や旅行のことを振り返りつつ、もっともっと夢中になれることを見つけ出したい。みなさんに自分のことをもっとわかってもらいたい。3ヶ月先のスピーチをお楽しみに!と、うれしい予感を残すスピーチでした。

 

TM隈部 アイスブレーカー「好きを見つける」

五人目のスピーカーはTM今沢。タイトルは「思考の枠」。

プロジェクト10:聞き手を奮い立たせる、という大きな目標のクリアに向けてのスピーチです。

落ち着いた態度で、これまでに培ってこられたスピーチ技術を巧みに用いつつ、真摯な問いかけを聴衆に投げかける。そして、忙しい日々の中であたりまえになりがちな思考の癖を見直すことについて、自身の経験を織り交ぜながら力強くスピーチされました。

 

CC#10 聴き手をふるいたたせる「思考の枠」

スピーチのあとは、論評セッションです。

今回はアイスブレーカーという初スピーチに挑戦されたメンバーが多かったこともあり、いつも以上に親切に、次のスピーチへの意欲が増すようにという配慮の感じられるアドバイスが多くありました。

 GE TM Fukiwake

今日は役員の交代式も執り行われました。

 

例会最後にスピーカー全員で

表彰者は以下のとおりです。おめでとうございます。

 

Best Speaker        TM Imazawa 
Best 1 min. Speaker  TM  Sawatari 
Best Evaluator      TM  Matsumoto 

 

次回の例会も楽しみです。

 

We had a 175th regular meeting on June 24. This is the last session in the current term during which TM President Takayama  was in command. As many as 35 members and guests participated. We began the meeting by conducting the induction ceremony for TM Sano. Our registered members  came to be 43. 

 

In the English session,  TM  Yamashita delivered an icebreaker speech in which he talked about his passion for mountain climbing. Second speaker was TM Takayama who gave a award presenting speech by which she thanked the current term officers one by one. 
In the Japanese session, TM Monoi, challenged an icebreaker speech in which she talked about her college days. She dedicated herself to Kendo and won the second place in the individual match as well as win the team competition. 

 

Forth speaker  was TM Kumabe who also made an icebreaker speech. She said she had spent one and a half year to find the most appropriate TMC. She decided to join our club after checking 5 different TMCs because she thought she could initiate new things here. 
Final speaker, TM Imazawa  talked about her experience to get along with  “ nasty guys “. 
She said it was absolutely necessary not to judge them from outward but to get to the bottom of their hearts and to try to understand them. 

 

TM Noriko Hashimoto acted as the TMOD and TM Fukiwake took the role of the General Evaluator. 

 

Award Results 

Best Speaker        TM Imazawa 
Best 1min. Speaker  TM  Sawatari 
Best Evaluator      TM  Matsumoto  

 

カテゴリー: 例会報告 |

第174回通常例会報告(2017/6/10)

第174回通常例会が武蔵野市民会館で行われました。

 

高山会長

 

前回に続き、今日も新しい仲間の入会式からスタートです。

本日のToastmaster of the DayはTM木村。

入会して間もない彼女の初TMODですが、彼女のしっかりした一面がよく表れた司会ぶりです。

 

TM木村

 

最初のセッションはOne Minute Speech。

お題は“What are you most interested in these days?“。

(あなたが最近注目していることは何ですか?)

仕事や趣味など、メンバーの一面を知ることができるテーマでした。

メンバーの予想を裏切る(?)趣味で笑いをとったのは本日入会のTM玉ノ井。「神って」ました。

 

TM玉ノ井

 

本日の準備スピーチは2本。

最初のスピーチは、TM F。タイトルは“a lesson”です。

Advanced Manualの中からStory Tellingを選びました。

相田みつを氏の詩に通ずるストーリーを抑揚たっぷりに語りました。

 

2番目のスピーチはTM 丸山による “Trick”“。

こちらもAdvanced Manualの一つ、Keynote Address。

ビジュアルエイドを交えた18分弱にもわたる大作は丸山さんらしくまとめられていました。

 

TM丸山

 

そして論評セッション。本日のGEはTM加藤です。

 

TM加藤

 

例会後半は“”Moment of Truth“と呼ばれるWorkshopを行いました。

これまでの活動を振り返り、来期の運営に役立てようというもの。

吉祥寺クラブの課題点や対策を、忌憚なく話し合うことができました。

 

TM谷

 

今期の例会も残すところ1回です。

間もなく始まる来期も楽しんでいきましょう!

 

  • 本日の表彰

最優秀1分間スピーカー:TM 橋本(悠)

最優秀論評者:TM Melissa
最優秀スピーカー:TM 丸山

Award presantation

 

カテゴリー: 例会報告 |

第173回合同例会報告(2017/5/27)

5月27日に吉祥寺トーストマスターズクラブと東京論評トーストマスターズとの初の合同例会が開催されました。

 

175回通常例会

東京論評トーストマスターズは、論評のスキルを伸ばすことに特化した日本で初めての上級クラブです。

そんな記念すべき例会のTMODを務めるのは東京論評トーストマスターズのIさんです。

例会は東京論評トーストマスターズ方式で進められます。

まず最初に、いつも通り準備スピーチが行われます。
そして、そのひとつのスピーチに対して4人の論評者が論評を行い、さらにその各論評に対して論評の論評が行われるのです。

それを2セット繰り返すという、東京論評トーストマスターズの名にふさわしい、論評づくしの例会です。

さて、その論評をするにあたり、重要な準備スピーチトップバッターを飾るのは、我らが吉祥寺トーストマスターズクラブのエース谷さんです。

 

TM谷

 

スピーチのタイトルは「逆境を嗜む」。
自身の大学の時のつらい経験とそれを乗り越え、「嗜む」までの過程を谷さん独特の軽妙かつ論理的な語り口で話してくれました。

スピーチが終わるといよいよ論評セッションです。
論評スピーカーは、橋本さん、土井さん、Mさん、猿渡さん、Fさんです。
それぞれの切り口で谷さんのスピーチを分析し尽くしました。

 

TM橋本

 

論評が終わると論評の論評セッションです。
吉祥寺トーストマスターズクラブのメンバーにとっては、論評の論評をするのは初めての経験のはずですが、トップバッターを切った神澤さんは見事やり遂げられました。

 

TM神澤

 

神澤さんの次は、東京論評トーストマスターズクラブのIさんです。
ベテランのIさんは、これぞ論評の論評というテクニックを披露してくれました。

その後に続いた水野さん、小林さん、Tさんも的確な論評の論評をされました。

 

ここまでで第一セットです。
東京論評トーストマスターズ方式では、これをもうひとセット繰り返します。

第二セットの準備スピーカーは吉祥寺トーストマスターズクラブの足立さんです。
足立さんは英語の準備スピーチです。タイトルは、”Seattle, the Emerald City”。

ご自身のアメリカでの経験をスライドを使って語ってくれました。

足立さんの論評を担当するのは、木村さん、Yさん、橋本さん、山寺さん、今沢さんの5人です。
山寺さんは初めての論評で、まだ最初のスピーチも未経験したが、しっかりと論評をされました。

 

 

論評の論評を担当したのは、高山さん、Prasadさん、Mさん、丸山さん、中保さんです。

 

 

全ての論評が終わると表彰セッションです。
本日のベスト論評者は以下の方でした。

日本語の部
猿渡さん

英語の部
今沢さん

 

 

初めての東京論評トーストマスターズクラブとの合同例会でしたが、
吉祥寺トーストマスターズクラブのメンバーがダブル受賞となりました。

受賞されなかったメンバーも素晴らしい論評ばかりで、参加した両クラブのメンバーにとっておおきな刺激になった一日でした。

 

カテゴリー: 例会報告 |

第172回通常例会報告(2017/5/13)

外は小雨ではありましたが武蔵野公会堂の第一会議室はほぼ満席で熱気がむんむん。
5月13日の吉祥寺トーストマスターズクラブの第172回例会には、多数のゲスト集まりました。

 

さらに5名の入会式。一気に新しいメンバーが加わり、自分自身も入会式の際のモチベーションを想い起こさせられました。

 

入会式

 

顔ぶれも新しくなり、熱気に溢れた定例になりました。

最初の挨拶は会長代行のTM水野。

 

会長代行

 

TMODはTM西川。TMODの初挑戦となりました。

本日は、定例後に役員選挙があるためTable Topicsはスキップになりショートバージョンとなりました。

 

1minutes speechは、”What is your unforgettable music?”

TM Fの歌唱が印象に残りました。

 

英語の準備スピーチの1番目は、TM Melissaタイトルは、”Umarekawaru。”

初めてのスピーチでしたが、堂々と、自信を持ってスピーチされているのが印象的でした。

 

スピーチ

 

英語の準備スピーチの2番目はTM今沢で、タイトルは、”My first priority”。

自分の英語の発音もヤバイと思い赤面してしまいました。

 

スピーチ

 

日本語の準備スピーチはTM橋本。

タイトルは「The Priority」。

 

店頭販売やテレビショッピングのような小道具を有効に使えたスピーチーで聴衆を引き付けることができました。流石です。

 

スピーチ

 

日本語の準備スピーチの2番目は、TM中川でタイトルは「湯けむりのむこう」。

落語を聴いているような軽快で、コミカルな内容で会場を爆笑の渦にまきこみました。
余裕がみえました。

 

次は論評のセッションです。

 

TM 白石: 詳細なポイントを抑えた内容をうまく伝えられたように思います。

TM 松本: 松本さんらしく少しから口でしたがロジカルにわかりやすい内容だったと思います。

TM F: 私には完璧なスピーチにみえたのですが、間の指摘は確かにそうだと思いました。

TM 猿渡: 中川さんのコミカルなスピーチ同様、コミカルな論評で会場を盛り上げました。

 

論評

 

結果は以下になります。

 

表彰式

 

Best Speaker TM 中川
Best Evaluator TM 猿渡
Best 1minutes speech TM F

 

 

カテゴリー: 例会報告2 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る