例会記録

第221回通常例会報告(2019/5/25)(日本語)

まずは例会の様子を写真にてお楽しみください!

カテゴリー: 例会報告 |

第220回通常例会報告(2019/5/11)(英語)

5月11日、第223回通常例会が武蔵野市民文化会館で開催されました。会員15名にゲスト3名を迎え、令和に なって初めての例会。天気は晴れ、雰囲気は爽やかでした。
今日の例会、会長は別会場(船堀)で開催中の全国大会に出席しているため不在。会長代理としてTM Aが開会をしました。 TMOD(総合司会)
はTM中川。本日の例会は参加人数が少ないことが見込まれ、その場合にも対応できる工夫の凝らされた例会でした。

本日の「今日の言葉/Word of the Day」、担当はTM
橋本。今日の言葉は「ingenious」。日本語では「才気溢れる」。「キレッキレの」という言葉も例に挙げられ ていたところは、意味がすっと入りました。教え上手の橋本さんらしい説明でした。

【準備スピーチ/Prepared Speech】

TM Miyazaki

Internet Reservation
歯医者でインターネットを使った予約システムに感動した後、予約内容の不備に遭遇したTM Miyazaki。未来は、さらに自動化の恩恵を受けるが、使い方について問題提起するスピーチでした。 トーストマスターズクラブの準備スピーチには、時間制限と目標項目があります。今回のTM Miyazakiのス ピーチの決められた時間は5~7分。目標である“Vocal Variety”が反映されていました。

【Workshop 1分間スピーチ/One Minute Speech】 TM 中川による全員参加型の講習会でした。 お題は、“What can you do today that you were not capable of a few years ago?” 「この数年間の間に何かできるようになったことはありますか?」

今回は、全員が1分間スピーチのスクリプトを印刷して、準備の上で参加しました。最初に3名がスクリプトを発表 、その後全員で隣の人とスクリプトを交換。 TM中川から時間配分の目安Opening 5秒、Body 50秒、Conclusion 5秒についての話。 「Openingでお題をもう一度話すことは、興味を引くものではなくなる」との視点は、納得せざるを得ませんで した。類義語辞典を使用する等して印象的な言葉を選択したり、出だしは、ワンフレーズ、問いかけや誰かの話す 言葉にしたりするのも大切なこと。TM中川や会員からのフィードバックを踏まえて、スクリプトを変更しました 。

その後十数名が、スクリプトを発表。Openingで興味をぐっと引かれるようなものばかりでした。最初に発表し た3名のスクリプトの変化も知ることができました。
短時間でありながら、色々なことを話せる「1分間」の有効的なスピーチを実践していきたいと感じました。

【Workshop テーブルトピックス/Table Topics】
TM小西によるワークショップ。前回の例会で、テーブルトピックスマスターを担当したことを踏まえて、自身が どのように準備したか、セッション中に考えていたこと、セッション後に考えていたこと等をお話をされました。 ミニ・ワークショップで2チームに分け、実際のテーブルトピックスを作成しました。その際、セッションのリー ドする人もTM小西独自の方法で指名。セッションが速やかにスタートする工夫をされていたところに、進行の極意を感じました。

お題はAチーム「できなくなったこと」、Bチーム「令和」。TM小西がこのお題を設定するに至ったエピソード も伝えられました。
セッションは、8~9人で行い、チーム内で全員発言し、テーブルトピックスの作り方のノウハウを再考できるもの でした。
セッション後、実際にテーブルトピックスの時間が設けられました。Bチームの進行は、なんとゲストの方。そこ で、すぐにTM小西によるフォローで会員の中から、サブ進行役を指名。ゲストの方の進行も、初マスターとは思 えぬもので、今日のワークショップを既に体得されていて素晴らしかったです。 テーブルトピックスの主人公はスピーカー、その人からどうやって話を引き出せるか、次回T.T. マスターの際には今日のことを最大限に活かしたいです。また、引き出されるようなスピーチを目指したいです。

【論評の部/Evaluation Session】
本日は、TM Aによる論評。英語スピーチに対して、英語の論評でした。
【総合論評/General Evaluation】 GEはTM 土井。今回の例会の開催前から本日の例会まで、全体について評しました。
本日の例会は、役割やスケジュールに変更があったものの、各司会者の臨機応変な進行の下、時間通りに終わりま した。

今日も深く考えたり、笑ったりのリズムある例会でした。

本日の各賞受賞者は次の通りです。

Best one minute Speaker TM M

Best table topics Speaker TM Melissa


Best evaluator と Best Speaker は、各1名のため表彰は無しでした。

カテゴリー: 例会報告 |

第219回通常例会報告(2019/4/27)(日本語)

少し肌寒い天気でしたが平成最後の例会ということもあり いつにもまして活気あふれた例会となりました。本日のTMODはTM’A’、ユーモアとやさしさ溢れる司会進行です。

Word of the dayはTM水野から Supreme(極度の、すごい)、そして役割説明とテンポよく進んでいきます。

続いてOne Minute Speeches、お題は Most memorable event in Heisei era/平成時代の大きな思い出 でした。6名の方がそれぞれの思い出を話しました。お子様の誕生、震災にあったこと、いろいろな思い出があります。平成が終わり新しい時代になっていくことを一人一人が実感しているスピーチでした。

Next is Preparation Speech.

Top butter is TM Hashimoto, theme is “To be flexible”.
She spoke how people in foreign country feel about era name of Japan. Appropriate topic on this time.

Then TM Sawatari, theme is Dream. He spoke mechanism of sleeping and dreaming.
He explained how people memorize/not memorize the dream logically.

そしてTM中安による “令和の芽吹き“、新しい暗号化技術による仮想通貨が次の時代の
重要な社会基盤になりうる、という話。少しむつかしかったですがその重要さはよく伝わってきました。Every speakers are supreme speech!

Table TopicsはTM小西による司会進行。平成時代を振り返りつつ色々なイベントに関連するものでした。バブル時代の思い出、そして不況時代、多くの災害もありました。そして次の令和(Beautiful Harmony)への期待 と続く時節にあったtopicsを使いつつ、発表ボランティアをうまく促す自然体なマネージメントでした。

After break, Evaluation Session started. Genera1 Evaluator is TM Takayama. She guided TM Matsumoto, TM Tani then TM Kanzawa for each prepared speech speakers. Each evaluator’s feedback is considerable, thoughtful comment.
TM Takayama gave members general evaluation also. She hit the points and summarize all speaker’s performance including role explanation.

Lastly, award session. TM Sawatari won the best speaker!

The 222 regular and last meeting in Heisei era was adjourned.

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best one minute Speaker: TM Nakagawa
Best table topics Speaker: TM Mizuno
Best evaluator: TM Kanzawa
Best Speaker: TM Sawatari

カテゴリー: 例会報告 |

第218回通常例会報告(2019/4/13)(英語)

前回の例会以降、寒の戻りもありましたが今日は暖かな陽気となりました。 総合司会(Toastmaster of the Day: TMOD)は高山さんです。 役割紹介の後、English One Minute Speech Session
(1人1分間英語でスピーチ)
今回のテーマは、”What was your major milestone in your life so far? ” (あなたのこれまでの人生における節目はどんなことでしたか?)
初めて見学に来られたゲストを含め、10名以上が手を挙げてスピーチに参加。自分の進路を決めるきっかけになった出来事 や、人から受けた影響など、十人十色のストーリーを聞くことができました。

Kichijoji Toastmasters Club 221st Regular Meeting
: : Saturday, April 13th 14~ 16:00 The venue Musashino Shimin Bunkakaikan (near JR Mitaka Station).

We’ve had both cold days and warm days since our previous meeting at the end of March, but luckily today was a beautiful Spring day! After introduction of several roles of the meeting, Toastmaster of the Day (TMOD ), Toastmaster Takayama, started the English One Minute Speech Session.
This session encourages meeting participants to deliver an English speech under a given theme within one minute.
To what extent and how impressive can you convey your ideas within one minute ?
One minute is for probably ten sentences or so. This is for us to practice presenting an attractive story in one minute. Spring in Japan is the time of turning points in our lives such as for school entrance, graduation, company entrance, intra-company transfer, change of residence, etc. Today’s theme: “What was your major milestone in your life so far?” More than 10 people (including a guest) presented their stories on each of their impressive milestone.

Prepared Speech Session of three speakers followed today.

1. Toastmaster Mandai: “Manager or Leader?” 7 minutes (+30” allowed) speech
Based on his company experience, he asked the audience which of the two categories is more desirable. One of the comments raised from the audience was “Not Manager or Leader, but Manager and Leader” Convincing persuasiveness is essentially important in all speeches.

2. Toastmaster T.Maruyama: “A Master of Presentation” 12 minutes(+30”) In this final speech of the Path, Presentation Mastery (Pathways), Level 5, Toastmaster Maruyama explained the curriculum contents of the Path he chose.

The objective of this final speech is “Reflect on Your Path”, looking back/reflect.
In addition to the introductory explanations of the curriculums content, the speaker’s assessment reflection on this particular path had better be addressed to the audience.

3.Toastmaster Nakagawa: 「30年後の敗北」 (“Defeat 30 Years Later”) 日本語スピーチ
スピーチ規定時間 5-7分 7 minutes (+30” allowed) in Japanese Storytelling technique was used on this speech, starting from his candidacy speech for vice president of the primary school student council. He was defeated by a small younger female student. He did not admit it as a defeat then.
Thirty years later, at an Area Contest of Toastmasters, he experienced a defeat again but this time he realized the two results same and true, Defeat. 「小さな体に大きな希望!」 11才の時に1年下の少女が叫んだ言葉、聴衆の心を捉えた的を得た叫び、これこそがスピ ーチの神髄だった。
What is important in speech is to grasp the audience and to devise what and how to appeal.

Unfortunately two speakers went overtime except Toastmaster Mandai. Considerable practices are required in order to deliver speeches of either seven minutes or twelve minutes within the given time limit.

Another practice included in our regular meetings is Table Topics Session. We practice delivering impromptu speeches of two minutes (+30 extra seconds allowed) long. Table Topics Master announces a topic to speak and an audience is named out of blue to make a speech on the topic. Fast thinking to create an interesting story is aimed and trained. Today’s topic theme, “Lucky or Unlucky”, was announced by Toastmaster Tani. Particular questions were chosen from famous proverbs.

  • “When it rains, it pours” (泣きっ面に蜂) On the swollen face of crying, bees sting further. At a time of misfortune further unlucky thing happens. What example story can we make to match the proverb?

  • “Joy and Sorrow are today and tomorrow” (禍福は糾える縄の如し) What one thought unlucky turns later to be lucky and vice versa. What story may fit?
  • “Good luck and bad luck come by turns” (残り物には福がある) We find unexpectedly good item in the leftovers. Quick thinking to come up with an example story is required.
  • “Good things come to those who wait” (果報は寝て待て)
    Luck is beyond control. We only can wait for good news after doing the very best.

Some good example is sought after.

Evaluation Session:
Members give evaluation speeches, commenting what was good about a particular speech and what improvement may be advisable.

Toastmaster ‘A’ gave her evaluation speech on Toastmaster Mandai’s speech.


Toastmaster Nakayasu gave his evaluation on Toastmaster Maruyama’s speech.

Toastmaster Konishi gave his evaluation on Toastmaster Nakagawa’s speech.



Evaluation comments are opinions of the particular persons. They may be correct and/or may be not so true. It is up to individuals whether to incorporate the advices received.
It should still be helpful to receive comments by others on the spot.
It is our practice to deliver speeches of one minute long, two minutes, three minutes, five minutes, and longer ones. We believe that we would be better speakers in this way, and hopefully within relatively a short period of time.

General Evaluation:
Toastmaster Mizuno summarized today’s meeting including her comments on each evaluator of the three prepared speakers.
Meeting was adjourned until 27th April, 2019.

本日の各賞受賞者は次の通りです。
Best one minute Speaker: TM Konishi
Best table topics Speaker: TM Sawatari
Best evaluator: TM Konishi
Best Speaker: TM Mandai

カテゴリー: 例会報告 |

第217回通常例会報告(2019/3/30)

まずは写真で例会の様子をお楽しみください!

カテゴリー: 例会報告 |

会場マップ

メイン会場
武蔵野公会堂
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
※JR吉祥寺駅または京王井の頭線吉祥寺駅(公園口)下車

大きな地図で見る
サブ会場
武蔵野市民文化会館
東京都武蔵野市中町3-9-11
※JR三鷹駅北口より徒歩13分。

大きな地図で見る